2016.06.27(月)

「Google Play」アプリをダウンロードさせようとする偽サイトを確認(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は3月19日、「Google Play」のURLを装う新たなドメインを確認したと同社ブログで発表した。このドメインのWebサイトには不正なアプリが含まれているという。米Googleは3月7日に、Android向けアプリ配信ストア「Androidマーケット」を音楽・映画・電子書籍・モバイルアプリなどの配信Webサイト「Google Play」に統合しているが、サイバー犯罪者は早速このサービスに目をつけたとしている。

この不正なWebサイトのURL(http://<省略>ay-google.ru)は、偽のロシア版Google PlayのWebサイトを表示する。このWebサイトには、Androidマーケットが「Google eBookstore」や「google music」と統合され「Google Play」になったとして、「Google Play for Android」をダウンロードするよう記載されている。サイト上の画像をクリックすると、疑わしいAndroidアプリを提供する別のロシアのドメインを持つ不正なWebサイトに誘導され、Google Play のアプリケーション「google-play.apk」をダウンロードすると、「ANDROIDOS_SMSBOXER.AB」として検出される不正なファイルがダウンロードされる。実行するとユーザの許可なく感染したモバイル端末で高額の料金が発生するサービスに登録する。その結果、ユーザは身に覚えのない料金が請求されることになる。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  2. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

    Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

  3. 「Electron」に任意のJavaScriptを実行される脆弱性(JVN)

    「Electron」に任意のJavaScriptを実行される脆弱性(JVN)

  4. 「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性、バージョンアップを強く推奨(ラック)

  5. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  6. セキュリティホール情報<2006/01/26>

  7. Microsoft Windows の Win32k.sys ドライバの実装に起因する整数オーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  8. IrfanView の JPEG 2000 プラグインにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  9. 「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

  10. Microsoft Windows の OLE オブジェクト処理に起因する任意コード実行の脆弱性(Scan Tech Report)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×