2011年上半期の情報漏えい件数は807件、1件の想定損害賠償額は7,329万円(JNSA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.01.24(火)

2011年上半期の情報漏えい件数は807件、1件の想定損害賠償額は7,329万円(JNSA)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

NPO法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は3月15日、「2011年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【上半期速報版】」を公開した。本報告書は、2011年上半期に新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデントの情報を集計、漏えいした組織の業種、漏えい人数、漏えい原因、漏えい経路などの情報の分類、JOモデル(JNSA Damage Operation Model for Individual Information Leak)を用いた想定損害賠償額などを分析した結果をまとめたもの。

報告書によると、2011年上半期の個人情報漏えいインシデントの漏えい人数は208万5,566名、インシデント件数は807件、想定損害賠償総額は573億1,642万円であった。これより算出される1件あたりの漏えい人数は2,667名、1件あたりの平均想定損害賠償額は7,329万円、1人あたりの平均想定損害賠償額は4万1,192円となっている。業種別では「公務」(31.2%)、「金融業・保険業」(28.0%)、「教育・学習支援業」(12.0%)が上位を占め、原因は「管理ミス」(38.2%)と「誤操作」(32.6%)が大きな割合を占めた。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 経営層向けの「セキュリティ指南書」を無償提供(パロアルトネットワークス)

    経営層向けの「セキュリティ指南書」を無償提供(パロアルトネットワークス)

  2. IoT機器やネットワーク機器、サーバソフトの脆弱性を悪用する攻撃が多発(ラック)

    IoT機器やネットワーク機器、サーバソフトの脆弱性を悪用する攻撃が多発(ラック)

  3. インシデント報告が29%増加、スキャンが半数を超える--四半期レポート(JPCERT/CC)

    インシデント報告が29%増加、スキャンが半数を超える--四半期レポート(JPCERT/CC)

  4. 標的型攻撃の理解調査、1年前から大きな進展はみられず(デジタルアーツ)

  5. 日本の情報セキュリティ 2015 年度市場規模 9,000 億円 突破を予測、情報セキュリティ保険も伸長(JNSA)

  6. サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書を公開、最近の被害事例も(IPA)

  7. 米企業の半数はランサムウェア攻撃を経験、7割が身代金を支払う(日本IBM)

  8. 悪意の投稿は同水準、マナーは若年層を中心に年々低下--意識調査(IPA)

  9. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  10. Wi-Fi提供事業者と利用者に向けたセキュリティガイドを公開(トレンドマイクロ)

全カテゴリランキング

特集

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×