2011年上半期の情報漏えい件数は807件、1件の想定損害賠償額は7,329万円(JNSA)

2012年3月15日(木) 14時03分
このエントリーをはてなブックマークに追加
NPO法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は3月15日、「2011年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【上半期速報版】」を公開した。本報告書は、2011年上半期に新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデントの情報を集計、漏えいした組織の業種、漏えい人数、漏えい原因、漏えい経路などの情報の分類、JOモデル(JNSA Damage Operation Model for Individual Information Leak)を用いた想定損害賠償額などを分析した結果をまとめたもの。

報告書によると、2011年上半期の個人情報漏えいインシデントの漏えい人数は208万5,566名、インシデント件数は807件、想定損害賠償総額は573億1,642万円であった。これより算出される1件あたりの漏えい人数は2,667名、1件あたりの平均想定損害賠償額は7,329万円、1人あたりの平均想定損害賠償額は4万1,192円となっている。業種別では「公務」(31.2%)、「金融業・保険業」(28.0%)、「教育・学習支援業」(12.0%)が上位を占め、原因は「管理ミス」(38.2%)と「誤操作」(32.6%)が大きな割合を占めた。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

JNSAは、ICTEPC、JASA、および有識者ならびに企業と組織の参加を得て「産学情報セキュリティ人材育成検討会(仮称)」を発足した。

icon

JNSAは、「2010~2011年度 情報セキュリティ市場調査報告書」を発表した。

icon

JNSAは、同協会のセキュリティ十大ニュース選考委員会による「JNSA 2011 セキュリティ十大ニュース」を発表した。

icon

KISIA、JNSA、JASAは、日本と韓国の政府公共機関・民間企業、団体・国民に対してサイバー攻撃への対策強化を呼びかけている。

icon

NPO法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は7月1日、「2010年度 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書?個人情報漏えい編?」を公開した。本報告書は、2010年に新聞やインターネットニュースな...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト