2016.07.29(金)

OWASP JAPAN 第1回 Local Chapter Meeting 開催

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

Webアプリケーションのセキュリティ改善をテーマとした非営利団体 OWASP(The Open Web Application Security Project)の日本支部であるOWASP JAPAN チャプターは、Webアプリケーションセキュリティについてのセミナー「OWASP JAPAN Local Chapter Meeting 1st.」を3月27日に東京で開催する。

OWASP JAPAN チャプターは2012年1月から活動が開始され、現在 Benny Ketelslegers氏、岡田良太郎氏、上野宣氏ら三名がチャプターリーダーを務める。

セミナーは、OWASPメンバーによるスピーチや持ち込みのライトニングトークの形式で行われ、Webアプリケーションセキュリティに興味があれば、誰でも参加することができる。当日の内容は、OWASP Japan Leaderや、OWASP Japan Advisoryメンバーなど有志によるスピーチとなっている。

現在、はせがわようすけ氏による「Finding XSS in the wild」や、竹迫良範氏による「脆弱なWebサーバを作ってみた(仮)」、上野宣氏による「Japan ChapterからWebアプリケーションセキュリティ要件定義書の提案」などのプログラムが公開されている。

3月27日19時開始で会場は東京 日本橋公会堂、入場無料で参加申し込みは Webから行える。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. サイバー犯罪は経営に直結するリスク、全社横断で対応…発想の転換

    サイバー犯罪は経営に直結するリスク、全社横断で対応…発想の転換

  2. 新種のマルウェアを用いて既存のアンチウイルス製品の検知率を測定(MOTEX、米Cylance Inc.)

    新種のマルウェアを用いて既存のアンチウイルス製品の検知率を測定(MOTEX、米Cylance Inc.)

  3. サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

    サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

  4. ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

  5. Internet Week 2014 セキュリティセッション紹介 第5回「CSIRT時代のSOCとのつき合い方」について佐藤功陛氏が語る

  6. 東大生を対象とした「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」を実施(DTRS)

  7. Security Blue Note 第7回「次回 CODE BLUE で来日する、中国の脆弱性報告エコシステム『WooYun』とは何か」

  8. プライバシー・バイ・デザイン、プライバシー影響評価(PIA)とは

  9. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  10. 「SECCON 2016」九州大会は、大会初のIoTをテーマとしたCTF(SECCON 2016実行委員会、JNSA)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×