グローバル時代の企業防衛、特命・情報リスク調査分析チーム 第2回「ルールのない世界でどう戦うか」

2012年3月8日(木) 09時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
特命・情報リスク調査分析チームの組織内マッピング図の画像
特命・情報リスク調査分析チームの組織内マッピング図
西村あさひ法律事務所橋本豪 外国法事務弁護士の画像
西村あさひ法律事務所橋本豪 外国法事務弁護士
グローバル化が進展し、企業を脅かすリスクが変化しつつある現在、企業の権益と情報資産をいかに守るかを、4回にわたって専門家に話を聞き、その要諦を確認する。

第2回となる今回は、いま世界で、企業環境にどんな変化が起きているのか、そしてその中で弁護士や、連載第一回で解説した「特命・情報リスク調査分析チーム」が果たすべき役割とは何か、西村あさひ法律事務所の橋本豪外国法事務弁護士に話を聞いた。

---

●サイバー空間は「常在戦場」

― 近年増加している、企業のクロスボーダー案件(国境をまたいで発生する取引、紛争やトラブル)を扱うことが多い橋本先生ですが、その変化をどう捉えていますか

橋本 ITの普及と進化は人間や企業のありようすら変えたと言えるでしょう。ネットワークを通じてリーチできる範囲が飛躍的に広がった一方で、個人情報や企業の機密に対して世界中からアクセスされてしまう恐れも出てきた。海外進出する企業はもちろん、たとえ国内だけで事業を展開している企業であっても無関係ではいられません。ある程度のサイズの企業であれば、サプライチェーンなどを通じて世界と繋がらない企業はないといっても過言ではないからです。

日本人には、属する組織のために誠実に仕事に取り組む美徳がありましたが、これも変化を余儀なくされています。また、グローバル化の進展で、様々な文化的背景や習慣を持つ現地スタッフと一緒に働く際、この美徳を相手に求めることは当然できません。

こうした状況のなか、すでにサイバー空間は「常在戦場」の心構えが必要とされる空間に変化していると私は思います。機密や知的財産などが相次いで攻撃の対象になっています。バーチャルな空間においては、たとえ重要な情報が盗まれても、現実の世界で強盗に遭ったような痛みがないので、まだ実感を持てない人もいるかもしれません。しかし、金銭的な損失は生じています。私には、多くの企業経営者が、丸腰で戦場に出て行っているように見えて仕方がないのです。いい製品を真面目に作っていればそれだけでグローバル市場で無事に事業が成り立つ、と考えていらっしゃるようにみえますし、そもそも戦場という自覚すらお持ちではないのではないか。

●なんでもありの総力戦を戦える人材が必要

― こうした状況の中で、日本企業の権益を守るためには何が必要だと考えますか

橋本 わたしはこの問題は、ITにおける「情報セキュリティ」だけに留まる話ではないと考えています。もちろん従来の情報セキュリティ対策の重要性は今後も変化しませんが、いざ情報漏洩が起こってしまった後には、フォレンジック専門会社に依頼し、システムに残された証拠を保全したり、私たちのような法律の専門家のアドバイスを受け、対応を進めていく、というのが基本的な流れになるでしょう。

しかし、サイバー犯罪やクロスボーダー案件には前例やルールがほとんど存在していません。弁護士は判例に基づいて判断する訓練を受けていますが、常在戦場となったこの領域にはまだ多くの判例がありません。ですから、既存の枠組みを超え、なんでもありの総力戦の世界で戦える人材が必要になってくるでしょう。わたしはそうした人材を「ビジネスコマンドー(ビジネスの戦闘要員)」と呼んでいます。

●「ビジネスコマンドー」との共通点

― インタビューの第1回では、三井物産セキュアディレクションの大河内 調査研究部長が、グローバル化する企業の不正対策として、情報システム部門とは別個に、企業内に専門の調査分析チームを設立する必要性を訴えました。その調査分析チームの役割は、単なるモニタリングや調査を超えて、不正の予兆をもとに社員に聞き取りを行うような特命要員であり、先生の言う「ビジネスコマンドー」と似ています

橋本 共通点はあるでしょう。ビジネスコマンドーも、既存の枠組みを超えて企業の権益を守っていくために、たとえば疑わしい従業員の経済的背景を調べるなど、自身が専門とする法律領域を超えたところまで視野を広げて対応する必要があります。水際で事件の発生を防ぐには、最後は結局、被疑者の身柄を確保するといった、リアルでフィジカルな対応が不可欠なのです。

具体的には、自社の情報システムの長所と短所を理解し、その短所をどうすれば矯正できるのかを常に考えつつ、且つ、技術のみならずこれまでお話ししてきたような「人」の側面からも問題に向き合う人材が求められると思います。

橋本 豪 弁護士

米国ニューヨーク州弁護士(1997年登録)、外国法事務弁護士(米国ニューヨーク州法)(2003年登録)。東京大学法学部、ペンシルバニア大学ロースクール、コロンビア大学ロースクール、コロンビア大学国際関係大学院 卒業。国際争訟、新興国での企業買収や法務戦略案件に多数関わる。「クラウド時代の法律実務」(商事法務2011年)などの著書の他、eディスカバリー、新興国のリスクマネジメントに関する講演実績多数。4月17日、品川で開催されるセミナー「グローバル化時代の不正対策」で基調講演を行う
《ScanNetSecurity》

注目ニュース

icon
グローバル時代の企業防衛、特命・情報リスク調査分析チーム 第1回「その必要性」

三井物産セキュアディレクション株式会社の調査研究部長 大河内智秀氏に、同氏の提唱する新しい職能「特命・情報リスク調査分析チーム」について尋ねた。

icon

 トレンドマイクロ株式会社は11月11日、業務情報の取り扱いに関する調査結果を発表した。これは2009年10月に社会人1,030名を対象としてインターネットを通じて実施したもの。調査結果によると、社会人の約6割が...

icon

●解雇された従業員がグッチのシステムに不正侵入 4月4日、ニューヨーク郡地方検事局が、グッチ・アメリカの企業コンピュータネットワークにアクセス、不正に処理を行ったとして、34歳のSAM CHIHLUNG YINを起訴し...

icon

●金融危機以来、警告されている従業員の不正 2008年9月のリーマンブラザーズ破綻を発端とした世界的な金融危機以来、レイオフなどとなった従業員によるデータ盗難の危険が繰り返し警告されてきた。2009年に発表さ...

icon

クリアスウィフト株式会社は4月21日、「企業に勤める従業員を対象としたWebと電子メール利用の実態調査結果」の結果を発表した。本調査は2010年2月から4月、職場でWebと電子メールを利用している日本全国の50名以...

icon

 トレンドマイクロ株式会社は3月24日、新社会人(2009年4月1日に就職予定の20歳以上:310名)と社会人(20歳以上の正社員:721名)を対象に2月9日から2月10日にかけてインターネットを通じて実施した「情報セキ...

icon

 トレンドマイクロ株式会社は2月24日、新社会人と社会人を対象に実施した「情報セキュリティ意識」に関するアンケート調査の結果を発表した。この調査は、2月9日から2月10日にかけて、インターネットを通じて実...

icon

 クリアスウィフト株式会社は11月12日、電子メールとWebの利用実態における最新の調査結果を発表した。調査結果によると、企業の多くは業務に関する内容のアップロード禁止(35%)、個人情報送付の禁止(33%)...

icon

クリアスウィフト株式会社は2月19日から22日の3日間、日本国内の人事担当者103名に対し、インターネット・セキュリティポリシーの策定、監視、違反時の懲戒についての調査を実施した。調査結果によると、昨年10月...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト