2016.07.30(土)

パッチに絞ったコンシュマー向け啓発活動「Love PC 2012」(情報セキュリティ対策推進コミュニティ)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

日本マイクロソフト株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、アドビ システムズ 株式会社、日本オラクル株式会社、ヤフー株式会社が参加する任意団体 情報セキュリティ対策推進コミュニティは2月16日、2月の情報セキュリティ月間にあわせて立ち上げたキャンペーンサイト「Love PC」を通じて実施する、セキュリティ啓発活動の報告を行った。

日本アイ・ビー・エムの情報セキュリティ担当部長 徳田敏文氏が、同社SOCの調査結果として、攻撃に利用された脆弱性の98%が一年以上前に発見されたものであることと、その脆弱性を悪用して攻撃される対象はオラクル、アドビ、マイクロソフトの3社に集中していることにふれ、最新のパッチをあてることの必要性を訴えると、同3社から最新のアップデート法、セキュリティ対策の現状の紹介が行われた。また、ツールや情報提供を行うヤフーの活動も報告された。

独立行政法人 情報処理推進機構 技術本部 情報セキュリティ技術ラボラトリー 大森雅司氏からは、PCにインストールされたソフトウェアの製品バージョンが最新かどうかをチェックするツール「MyJVN バージョンチェッカ」の利用方法が案内された。

報告に先立ち行われた、内閣官房情報セキュリティセンター 参事官補佐 花岡一央氏からの挨拶では、「情報セキュリティ対策は、たとえるなら、自動車に乗るときにはシートベルトを締めるのと同じ」という藤村 内閣官房長官の談話が言及され、セキュリティ対策を国民が努めて身につけていくべき重要性を持つことを語った。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 新種のマルウェアを用いて既存のアンチウイルス製品の検知率を測定(MOTEX、米Cylance Inc.)

    新種のマルウェアを用いて既存のアンチウイルス製品の検知率を測定(MOTEX、米Cylance Inc.)

  2. サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

    サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

  3. サイバー犯罪は経営に直結するリスク、全社横断で対応…発想の転換

    サイバー犯罪は経営に直結するリスク、全社横断で対応…発想の転換

  4. 東大生を対象とした「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」を実施(DTRS)

  5. ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

  6. 【Interop 2015】脆弱性を悪用した巧妙な攻撃や未知のマルウェア攻撃に対し、複数の段階ごとに罠をしかけ攻撃を阻止(パロアルトネットワークス)

  7. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  8. Internet Week 2015 セキュリティセッション紹介 第11回「サイバー犯罪対策と国際連携」について インターネットセキュリティ専門家の佐藤友治氏が語る

  9. 【RSA Conference USA 2016】クリエイティブなセキュリティ人材を育てる組織文化~RSA キーノート

  10. After Stuxnet、PLCの脆弱性の現実--制御システムセキュリティカンファレンス 2012

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×