2016.06.27(月)

パッチに絞ったコンシュマー向け啓発活動「Love PC 2012」(情報セキュリティ対策推進コミュニティ)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

日本マイクロソフト株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、アドビ システムズ 株式会社、日本オラクル株式会社、ヤフー株式会社が参加する任意団体 情報セキュリティ対策推進コミュニティは2月16日、2月の情報セキュリティ月間にあわせて立ち上げたキャンペーンサイト「Love PC」を通じて実施する、セキュリティ啓発活動の報告を行った。

日本アイ・ビー・エムの情報セキュリティ担当部長 徳田敏文氏が、同社SOCの調査結果として、攻撃に利用された脆弱性の98%が一年以上前に発見されたものであることと、その脆弱性を悪用して攻撃される対象はオラクル、アドビ、マイクロソフトの3社に集中していることにふれ、最新のパッチをあてることの必要性を訴えると、同3社から最新のアップデート法、セキュリティ対策の現状の紹介が行われた。また、ツールや情報提供を行うヤフーの活動も報告された。

独立行政法人 情報処理推進機構 技術本部 情報セキュリティ技術ラボラトリー 大森雅司氏からは、PCにインストールされたソフトウェアの製品バージョンが最新かどうかをチェックするツール「MyJVN バージョンチェッカ」の利用方法が案内された。

報告に先立ち行われた、内閣官房情報セキュリティセンター 参事官補佐 花岡一央氏からの挨拶では、「情報セキュリティ対策は、たとえるなら、自動車に乗るときにはシートベルトを締めるのと同じ」という藤村 内閣官房長官の談話が言及され、セキュリティ対策を国民が努めて身につけていくべき重要性を持つことを語った。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

    サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

  2. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

    [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  3. セキュリティ・キャンプの参加者51名が決定、最年少は15歳(IPA)

    セキュリティ・キャンプの参加者51名が決定、最年少は15歳(IPA)

  4. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  5. [RSA Conference 2016 USA] EDR (Endpoint Detection and Response)とは? ~ タニウム社 チーフセキュリティアーキテクトに聞く

  6. IoT時代のセキュリティ:課題は異業種連携の隙間――スマートフォンセキュリティ・シンポジウム2015

  7. 「セキュそば勉強会」「デジタル・フォレンジック・コミュニティ2011 in TOKYO」 他(セミナー情報)

  8. 法人向けにランサムウェア対策の無料セミナーを開催、解説書も無償公開(トレンドマイクロ)

  9. 「クラウド時代のセキュリティ“セキュア・クラウド”セミナー」レポート(アズジェント)

  10. Internet Week 2015 セキュリティセッション紹介 第10回「IPv6セキュリティ再点検」についてNTTの藤崎智宏氏が語る

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×