運用していない「ACCSJP.NET」ドメインからACCSを騙ったメール(ACCS)

2012年2月14日(火) 15時05分
このエントリーをはてなブックマークに追加
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は2月14日、「ACCSJP.NET」ドメインから同協会を騙ったメールが送付されているとして、注意喚起を発表した。「ACCSJP.NET」ドメインは、現在同協会の住所等で登録されているが、同協会から登録申請をしていないこと、担当者のメールアドレスがフリーメールであることから、第三者が悪用することを目的に登録したものと考えられるとしている。

同協会では現在、メールの内容について確認を行うとともに、ドメインの登録代行事業者と本件についての相談を進めており、対応について検討しているところだという。「ACCSJP.NET」ドメインは同協会では運用等を行っていないため、当該メールが同協会の活動ではないことを認識するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

ACCSによると、東京地方裁判所が東京都所在の映像制作会社に対し、証拠保全手続を実施した。アドビ システムズ、日本マイクロソフト、モリサワの各社が申請していたもの。

icon

宮城県警生活環境課サイバー犯罪対策室と仙台南署は、インターネットオークションを悪用し、権利者に無断で複製したアニメーション作品等の海賊版を販売していた住所不定の無職男性(27歳)を逮捕した。

icon

福岡県警生活経済課サイバー犯罪対策室と筑紫野署は、インターネットオークションを悪用し、権利者に無断でゲームソフトを複製し、またゲーム機の改造を請け負ったとして、福岡県北九州市の無職男性(41歳)を逮...

icon

ACCSによると、インターネットオークションを悪用し、権利者に無断で複製したコンピュータソフトを販売していた熊本県熊本市の大学生男性(27歳・中国籍)が著作権法違反の疑いで逮捕された。

icon

ACCSによると、愛知県警生活経済課と南署が1月11日、ファイル共有ソフト「Share」を通じて特撮作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた会社員男性を著作権法違反の疑いで逮捕

RSS

特集・連載

ピックアップフォト