2016.06.01(水)

複数のDNSネームサーバにリソースレコードを保持し続ける問題(JVN)

脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月9日、複数のDNSネームサーバにおけるリソースレコードの取り扱いに関する問題(CVE-2012-1033)が公表されたと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

公表された問題は、一定の条件のもとでDNSキャッシュサーバが保持しているリソースレコードを、上位ドメインの権威サーバが設定した time-to-live(TTL)の値を超えて保持してしまうというもの。この問題によって、上位ドメインの権威サーバで削除されたドメイン情報が、キャッシュサーバ上では有効な情報として使用され続ける可能性がある。現時点では、対策方法は公表されていない。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脅威 アクセスランキング

  1. Microsoft Windows の Secondary Logon サービスにおいて要求ハンドルの取り扱い不備により高い権限で任意のコードが実行されてしまう脆弱性

    Microsoft Windows の Secondary Logon サービスにおいて要求ハンドルの取り扱い不備により高い権限で任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  2. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

    バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  3. 「サイボウズ ガルーン」に複数の脆弱性、アップデートなど対策呼びかけ(JVN)

    「サイボウズ ガルーン」に複数の脆弱性、アップデートなど対策呼びかけ(JVN)

  4. NEC製の複数のモバイルルータにCSRFの脆弱性(JVN)

  5. リーガルマルウェアの実態と技術、法的解釈について発表(デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所)

  6. 「ウイルスバスター」に複数の脆弱性、個人向け、法人向けともに影響(JVN)

  7. Apache Struts 2 において Dynamic Method Invocation 機能の実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  8. Microsoft Windows の Win32k.sys ドライバの実装に起因する整数オーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  9. スマートフォンアプリ「百五銀行」にSSLサーバ証明書の検証不備の脆弱性(JVN)

  10. 周術期情報管理システムに患者情報の取得や改ざんの脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

Scan PREMIUM 限定記事 閲覧方法のご案内
Scan PREMIUM 限定記事 閲覧方法のご案内

Scan PREMIUM に会員登録すると、すべての会員限定記事が閲覧いただけます。 まずは無料で登録できる Scan BASIC もあります。

×