Googleネットワークと偽のSNSインタフェースを使用する詐欺を確認(Dr.WEB)

2011年12月2日(金) 14時55分
このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は12月1日、ソーシャルネットワーク「VKontakte」のユーザを直接の標的とする新たな詐欺手法を確認したと発表した。この詐欺では、目的を達成するために攻撃者はGoogleネットワークと、ポピュラーなソーシャルネットワークのインタフェースを模倣した「偽の」サイトを利用している。この詐欺では、Google検索エンジンを使用している際に「アカウントはロックされています。有効化が必要です。」という内容の広告が表示される。

またソーシャルネットワークvkontakte.ruとよく似たアドレスを持つvkankalte.ruへのリンクも表示されることで、ユーザの間違いを誘発する。リンクをクリックすると偽のVKontakte画面が開き、「スパムを配信したためにアカウントがブロックされている」というチャットウィンドウが表示される。アカウントを有効にするには、特別なフォームに携帯の番号を、また受け取ったSMSに含まれているコードを入力するよう促される。ユーザが入力してしまうと、一定の金額を定期的にアカウントから引き落とされる有料サービスに加入してしまう。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

Dr.WEBは、Mac OS Xユーザを狙うバックドアの新バージョンを確認した。

icon

Dr.WEBは、Facebookを利用した大量のスパム配信を確認したと発表した。

icon

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は11月11日、同社の調査によってVKontakteユーザを狙う詐欺が確認されたと発表した。

icon

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は10月25日、「2011年9月のウイルス脅威」をまとめ発表した。9月は、目立ったウイルスアクティビティもなく比較的穏やかな月としている。夏休みから戻ったマルウェア作成者...

icon

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は9月20日、同社のウイルスアナリストが「Trojan.Bioskit.1」と呼ばれる悪意あるプログラムのサンプルを入手したと発表した。このマルウェアは当初、一般的なトロイの木馬の...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト