ISC BINDにDoSの脆弱性、対策済みバージョンへアップデートを(JVN)

2011年11月25日(金) 22時04分
このエントリーをはてなブックマークに追加
独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月24日、Internet Systems Consortium(ISC)が提供するDNSサーバである「BIND」に、DoSの脆弱性が確認されたと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

BIND 9は、特定されていないネットワーク上のイベントによって、BIND 9キャッシュサーバが不正なレコードをキャッシュすることがあり、そのレコードに対する問い合わせによってキャッシュサーバが表明違反(assertion failure)でクラッシュすることがある(CVE-2011-4313)。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にDoS攻撃を受ける可能性がある。JVNでは、ISC や配布元が提供する情報をもとに、対策済みのバージョンへアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

JPRSは、「BIND 9.x」のキャッシュDNSサーバ機能の実装上の問題によるnamedのサービス停止について注意喚起を発表した。

icon

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月6日、ISC BIND 9のサービス運用妨害の脆弱性に関する注意喚起を発表した。Internet Systems Consortium(ISC)が提供するDNSサーバソフトウェ...

icon

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は5月27日、「BIND 9.x」のネガティブキャッシュ機能の実装上のバグによるnamedのサービス停止についての緊急情報を発表した。これは、BIND 9.xのネガティブキャッシュの...

icon

IPA/ISECおよびJPCERT/CCは11月1日、CSWorksが提供する「CSWorks」のサーバコンポーネントの一部である「LiveData Service」にDoSの脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

icon

独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月28日、黄昏フロンティアが提供する通信対戦が可能なPC向けゲームソフ...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト