DNSサーバ「BIND 9.x」のキャッシュDNSサーバ機能にサービス停止の脆弱性(JPRS)

2011年11月18日(金) 14時46分
このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は11月17日、ISCが開発しているDNSサーバ「BIND 9.x」のキャッシュDNSサーバ機能の実装上の問題によるnamedのサービス停止について、注意喚起を発表した。BIND 9.xでは実装上の不具合により、ある種のネットワークイベント(具体的内容は現時点では特定されていない)によってnamed内部でエラーが発生し、namedがクラッシュする問題が発生するという脆弱性(CVE-2011-4313)が存在する。

ISCは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「深刻(Serious)」と評価しており、また本脆弱性によるサービスダウンが複数の組織から報告されていること、現時点でサポートされているすべてのバージョンのBIND 9が本脆弱性の影響を受けること、インターネット上に公開していないキャッシュDNSサーバにおいても本脆弱性の影響を受ける可能性があると考えられることなどから、広い範囲での適切な緊急対策が必要として、関連情報の収集や「BIND 9.8.1-P1」「同9.7.4-P1」「同9.6-ESV-R5-P1」「同9.4-ESV-R5-P1」へのアップグレード、緊急パッチの適用など、適切な対応を速やかに取ることを強く推奨している。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は8月11日、Windows DNSサーバの脆弱性を利用した攻撃について緊急情報を発表した。Windows Server 2003、2008、2008 R2のWindows DNSサーバでは、NAPTRレコードの取り扱...

icon

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は5月27日、「BIND 9.x」のネガティブキャッシュ機能の実装上のバグによるnamedのサービス停止についての緊急情報を発表した。これは、BIND 9.xのネガティブキャッシュの...

icon

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月6日、ISC BIND 9のサービス運用妨害の脆弱性に関する注意喚起を発表した。Internet Systems Consortium(ISC)が提供するDNSサーバソフトウェ...

icon

総務省および内閣官房情報セキュリティセンターは6月27日、各重要インフラ事業者のネームサーバの登録情報に関する注意喚起を行った。これは、JPRSなどのレジストリによるドメインのネームサーバに関する登録情報...

icon

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は12月5日、DNSサーバの不適切な管理が引き起こす危険性解消に向け、管理権限を第三者が取得する危険性のあるDNSサーバ設定の削除を行うと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト