2016.07.27(水)

官民連携で摘発したサイバー犯罪グループ、一般企業を隠れみのに (トレンドマイクロ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

トレンドマイクロ株式会社は11月10日、400万以上のボットにより形成されたボットネットがFBIとエストニア警察の捜査によって11月8日に閉鎖された事件について、ブログで詳細を公開した。

同社は多数の業界関係者とともに捜査協力を行ったという。FBIが「Operation Ghost Click」と呼ぶ作戦において、ニューヨークとシカゴのデータセンタに対して強制捜査が実施され、100台以上のC&Cサーバで形成されていたインフラが閉鎖された。同時に、エストニア第2の都市タルトゥでこの犯罪活動に関与していた複数のメンバーがエストニア警察により逮捕された。

今回閉鎖されたボットネットは、DNS設定の変更を行うトロイの木馬型の不正プログラム(DNSチェンジャー)により「DNS設定が別のIPアドレスに変更されたコンピュータ」で構成されていた。トレンドマイクロでは、このボットネットに関与していると思われるグループの情報を2006年から把握していたという。今回、主犯グループが逮捕されたことで収集した情報の公開に至った。この犯罪グループが「Rove Digital」という名前で知られている会社だった。この会社は「Esthost」「Estdomains」「Cernel」「UkrTelegroup」、さらには、あまり知られていない小規模なダミー会社を統括する「親会社」でもあった。

Rove Digitalは、一見タルトゥ市にオフィスを構える「社員が毎朝出勤するごく普通の正規のIT企業」のようであったが、その正体はこのオフィスを拠点として世界規模で感染させた膨大な数のボットをコントロールし、毎年それらのボットから莫大な金銭的利益を不正に得ていたサイバー犯罪グループであった。子会社でWebホスティングサービスの再販業者を名乗っていたEsthost、およびドメイン登録会社を名乗っていたEstdomainsは、2008年にオフラインになっている。これは、CEOであるVladmir Tsastsinが、母国のエストニアにおいてクレジットカード詐欺に関する有罪判決を受けたのが理由だという。

トレンドマイクロでは、Rove Digitalが、単に不正プログラムの感染活動を行っていたというだけでなく、C&Cサーバや偽DNSサーバから、DNS改変型ボットネットを駆使したクリック詐欺による金銭詐取に使われたインフラまで、手広くコントロールしていたという事実をつかんでいたという。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 外国籍サーバからの不正アクセスで8,985件の個人情報が流出(グラフィック)

    外国籍サーバからの不正アクセスで8,985件の個人情報が流出(グラフィック)

  2. ロゴの違法表示で商標権侵害、懲役1年罰金100万の実刑判決(BSA)

    ロゴの違法表示で商標権侵害、懲役1年罰金100万の実刑判決(BSA)

  3. 業務委託先のANAテレマ-ト株式会社が顧客との通話音声記録235件を紛失(ANA)

    業務委託先のANAテレマ-ト株式会社が顧客との通話音声記録235件を紛失(ANA)

  4. 「JTB」や「るるぶ」などで最大793万名の個人情報漏えいの可能性(ジェイティービー)

  5. クラックプログラム販売の男性に、懲役2年罰金200万円の有罪判決(BSA)

  6. 「パズル&ドラゴンズ」不正ツールの作成および公開した被疑者を逮捕(ガンホー)

  7. CADソフト「ARCHITREND Z」を海賊版と知りながら1年以上業務で使用(ACCS)

  8. 外部からの不正アクセスで「ViVi」公式通販サイトから個人情報が流出(講談社)

  9. 「Share」を使用した著作権法違反事件の容疑者2名に罰金刑の判決(RIAJ)

  10. 「クレヨンしんちゃん」「ブラック・ジャック」の動画を「FC2」で公開(ACCS)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×