2012年5月のトレンドマイクロ | ScanNetSecurity
2021.07.27(火)

2012年5月のトレンドマイクロ

世界で40種類以上の作戦活動を行う標的型攻撃「IXESHE」の調査レポート(トレンドマイクロ) 画像
調査・レポート・白書 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

世界で40種類以上の作戦活動を行う標的型攻撃「IXESHE」の調査レポート(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、セキュリティリサーチペーパー「『IXESHE』の全貌」を公開した。このリサーチペーパーは、2009年より継続し現在も活動を続ける持続的標的型攻撃「IXESHE」の調査結果をまとめたもの。

「Yahoo! Mail」で標的型攻撃に悪用可能な脆弱性(トレンドマイクロ) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「Yahoo! Mail」で標的型攻撃に悪用可能な脆弱性(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「Yahoo! Mail」で標的型攻撃に悪用が可能な脆弱性が確認されたとして、ブログで注意喚起を行っている。

短縮URLで拡散し、Facebookなどを介して感染するワームを確認(トレンドマイクロ) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

短縮URLで拡散し、Facebookなどを介して感染するワームを確認(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、Facebookの個人宛メッセージやIMを介して感染活動を行うワームが確認されたとして、ブログで注意喚起を行っている。

Android版「Flash Player」を装う偽アプリをロシアで確認(トレンドマイクロ) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Android版「Flash Player」を装う偽アプリをロシアで確認(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、Android端末を狙う偽アプリを再び確認したとして、ブログで注意喚起を行っている。今回はAdobe製品である「Flash Player」Android版を装っているという。

直販「Let’snote」でオンラインストレージサービスの同時購入が可能に(トレンドマイクロ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

直販「Let’snote」でオンラインストレージサービスの同時購入が可能に(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、オンラインストレージサービス「SafeSync」を、パナソニックのPC直販サイト「マイレッツ倶楽部」において「Let’snote」のカスタマイズメニューとして発売する。

Flash、JREなどの脆弱性を狙う標的型攻撃を確認、ユーザは対策を(トレンドマイクロ) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Flash、JREなどの脆弱性を狙う標的型攻撃を確認、ユーザは対策を(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「Adobe Flash Player」や「Java Runtime Enviroment(JRE)」に存在する最新の脆弱性を悪用する攻撃を確認したとして、ブログで注意喚起を行っている。

ユーザの情報を狙う不正プログラム、Macでも半数に--4月度レポート(トレンドマイクロ) 画像
脆弱性と脅威 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ユーザの情報を狙う不正プログラム、Macでも半数に--4月度レポート(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、2012年4月度の「インターネット脅威マンスリーレポート」を発表した。4月は、Windows以外のプラットフォームを標的にした攻撃が目立った。

小規模企業向け統合セキュリティソフトの新版を発表、Mac OSにも対応(トレンドマイクロ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

小規模企業向け統合セキュリティソフトの新版を発表、Mac OSにも対応(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、Windows OSに加えMac OSに対応した小規模企業向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター ビジネスセキュリティ(Biz)7.0」を5月18日より受注開始する。

    Page 1 of 1
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

    ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

    ×