株式会社TwoFive | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

株式会社TwoFive

我らかく戦えり 第2回「努力の払い損にはならない、送信側にも目に見える効果をもたらす DMARC」 画像
脆弱性と脅威 高橋 睦美

我らかく戦えり 第2回「努力の払い損にはならない、送信側にも目に見える効果をもたらす DMARC」PR

単になりすましメールを排除するだけでなく、レポートを元に自社の管理体制、運用体制を確認できるという新たなメリットにも注目が集まっている

我らかく戦えり 第1回「 電子メールセキュリティ20年攻防史」 画像
脆弱性と脅威 高橋 睦美

我らかく戦えり 第1回「 電子メールセキュリティ20年攻防史」PR

本記事は、メールセキュリティを事業の柱とする数少ない日本企業、株式会社TwoFiveに本誌が、厄介な課題であるメールセキュリティについて長時間の取材とインタビューを行う機会を得た成果としてお届けするものです。

フィッシング対策クラウドサービス「Area 1 Horizon」を提供開始(TwoFive) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

フィッシング対策クラウドサービス「Area 1 Horizon」を提供開始(TwoFive)

TwoFiveは、米Area 1 Security社(エリア・ワン・セキュリティ)と国内販売代理店契約を締結し、クラウド型のフィッシング対策サービス「Area 1 Horizon(エリア・ワン・ホライズン)」の提供を2月1日より開始すると発表した。

人間のアナリストの分析をAIが再学習、精度を向上(TwoFive) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

人間のアナリストの分析をAIが再学習、精度を向上(TwoFive)

TwoFiveは、米PatternEx社と国内販売代理店契約を締結し、人工知能(AI)を活用した情報セキュリティソリューション「PatternEx Virtual Analyst Platform」を提供開始すると発表した。

「PowerDNS」商用版を日本で初めて提供、DNSセキュリティ製品とともに提案(TwoFive) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「PowerDNS」商用版を日本で初めて提供、DNSセキュリティ製品とともに提案(TwoFive)

TwoFiveは、オランダのPowerDNS.COM BVが開発するオープンソースのDNSサーバソフトウェア「PowerDNS」の商用版を、日本で初めて提供開始すると発表した。

米Cloudmark社のDNSセキュリティ製品を販売、コンサルティングも提供(TwoFive) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米Cloudmark社のDNSセキュリティ製品を販売、コンサルティングも提供(TwoFive)

TwoFiveは、米Cloudmark社ディストリビューターとして、同社の最新製品であるDNSセキュリティ製品「Cloudmark Security Platform for DNS」を、ISPおよび企業に向けて販売開始する。

    Page 1 of 1
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

    ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

    ×