情報漏えい事故 原因別 記事一覧:メール誤送信 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.02.19(火)

情報漏えい事故 原因別 記事一覧:メール誤送信

誤って宛先にグループ化したアドレスを設定し送信(宮城県) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

誤って宛先にグループ化したアドレスを設定し送信(宮城県)

宮城県は2月14日、同県の総務部私学・公益法人課にて誤送信による個人情報の流出が判明したと発表した。

親子DE発達凸凹学習塾86の「86チェッカー」利用者のアドレスが流出(MOYU) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

親子DE発達凸凹学習塾86の「86チェッカー」利用者のアドレスが流出(MOYU)

親子DE発達凸凹学習塾86(はる)を運営する株式会社MOYUは2月9日、同塾からメール送信の際にメールアドレスが他の受信者に流出したことが判明したと発表した。

お知らせメールを誤送信、リスト登録者全員の名前とアドレスが流出(香月産婦人科) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

お知らせメールを誤送信、リスト登録者全員の名前とアドレスが流出(香月産婦人科)

医療法人社団秋月会 香月産婦人科は2月2日、同院からお知らせメールを送信した際にリスト登録者全員の名前とメールアドレスが流出したことが判明したと発表した。

チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

株式会社阪神タイガースは2月13日、チケットの案内に関するメールにて個人情報の誤送信が判明したと発表した。

NHK放送博物館で開催予定のイベントのお知らせメールを誤送信、アドレスと一部名前が流出(NHK) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

NHK放送博物館で開催予定のイベントのお知らせメールを誤送信、アドレスと一部名前が流出(NHK)

日本放送協会は2月8日、同協会が運営するNHK放送博物館で開催予定のイベントのお知らせメールを送信した際に、個人情報の漏えいが判明したと発表した。

委託先の事業者が研修会の案内メールを誤送信、45件の個人メールアドレスが流出(東京観光財団) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

委託先の事業者が研修会の案内メールを誤送信、45件の個人メールアドレスが流出(東京観光財団)

公益財団法人東京観光財団は2月4日、委託先の事業者が都内観光協会や観光連盟の関係者に研修会の案内メールを送信した際に宛先をCCに入力して送信しメールアドレスが流出したと発表した。

団体登録更新手続き再確認メールを誤送信、149件のアドレスが流出(横浜市) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

団体登録更新手続き再確認メールを誤送信、149件のアドレスが流出(横浜市)

横浜市は2月5日、同市なか区民活動センターの職員がメールを送信した際に、宛先が表示された状態で送信したためにメールアドレスが流出したと発表した。

県営住宅関係書類を取り違え誤送付、個人情報が流出(鳥取県) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

県営住宅関係書類を取り違え誤送付、個人情報が流出(鳥取県)

鳥取県は2月5日、同県が県営住宅管理代行を委託する鳥取県住宅供給公社にて、県営住宅関係書類を誤送付し個人情報の流出が判明したと発表した。

パソナが委託を受けた「WEBアンケート調査」の案内メールを再委託先の電通が誤送信(経済産業省) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

パソナが委託を受けた「WEBアンケート調査」の案内メールを再委託先の電通が誤送信(経済産業省)

経済産業省は2月5日、ミラサポ専門家派遣事業の「WEBアンケート調査」案内メールの誤送信で調査対象者のメールアドレスの流出が判明したと発表した。

障害者採用での第1次試験の合理的配慮に関する連絡時に誤送信、複数の受信者のアドレスが流出(厚生労働省) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

障害者採用での第1次試験の合理的配慮に関する連絡時に誤送信、複数の受信者のアドレスが流出(厚生労働省)

厚生労働省は1月25日、2018年度厚生労働省本省障害者採用に関する連絡の際、宛先の入力を誤り複数の受信者のアドレスが表示された状態であったことが判明したと発表した。

予約システムの開始案内を誤送信、52名のアドレスが流出(横浜市今井地区センター) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

予約システムの開始案内を誤送信、52名のアドレスが流出(横浜市今井地区センター)

横浜市今井地区センターは1月25日、利用者登録していたユーザーに予約システムの開始案内をメール送信した際に、他の登録者のメールアドレスが表示された状態となったことが判明したと発表した。

「第五回天下一音ゲ祭 全国頂上決戦」全出場者へ誤送信、アドレスと本名が流出(JAIA) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

「第五回天下一音ゲ祭 全国頂上決戦」全出場者へ誤送信、アドレスと本名が流出(JAIA)

一般社団法人日本アミューズメント産業協会(JAIA)は1月23日、「第五回天下一音ゲ祭 全国頂上決戦」出場者のメールアドレスが全出場者に送付されたことが判明したと発表した。

記事に関するお詫びと訂正:メール誤送信を助長する表現について 画像
おしらせ ScanNetSecurity

記事に関するお詫びと訂正:メール誤送信を助長する表現について

2019年1月23日(水)に配信した記事「「TO」に入力したアドレスが「BCC」でのメール受信者に流出、担当者は認識なく誤送信防止システムでも防げず(横浜市)」における記載、

人為的ミスで参加申込者全員に「平成30年度意匠制度の改正に関する説明会」の事前案内メールを誤送信(オーエムシー) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

人為的ミスで参加申込者全員に「平成30年度意匠制度の改正に関する説明会」の事前案内メールを誤送信(オーエムシー)

株式会社オーエムシーは1月23日、同社が特許庁から請負った「平成30年度意匠制度の改正に関する説明会」の事前案内メールを参加申込者に送信する際、誤って参加申込み登録者全員のメールアドレスを表示された状態で一斉送信したことが判明したと発表した。

「TO」に入力したアドレスが「BCC」でのメール受信者に流出、担当者は認識なく誤送信防止システムでも防げず(横浜市) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

「TO」に入力したアドレスが「BCC」でのメール受信者に流出、担当者は認識なく誤送信防止システムでも防げず(横浜市)

横浜市は1月16日、同市の消防局横浜市民防災センターから横浜市消防音楽隊「創設60周年記念演奏会」の応募者に抽選結果を連絡する際、誤って受信者に他のメールアドレスが表示された状態で送信したことが判明したと発表した。

自然観察指導員関連事業の申し込みフォーム利用者の個人情報を外部アドレスに誤送信(日本自然保護協会) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

自然観察指導員関連事業の申し込みフォーム利用者の個人情報を外部アドレスに誤送信(日本自然保護協会)

公益財団法人日本自然保護協会は1月7日、同会自然観察指導員関連事業の申し込みフォーム利用者の個人情報を1件の外部アドレスに誤送信していたことが判明したと発表した。

BCCをTOに、年賀メールの誤送信で294人のユーザーのアドレスが流出(フレイムグラフィックス) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

BCCをTOに、年賀メールの誤送信で294人のユーザーのアドレスが流出(フレイムグラフィックス)

ゲームや音楽、広告等のデザイン等を手がける株式会社フレイムグラフィックスは1月7日、同社が運営する「KARAOKE DEPT.」からメールの誤送信でメールアドレスが流出したと発表した。

BCCではなくCCで誤送信、マイカースポンサーの顧客のメールアドレスが流出(オートプラス) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

BCCではなくCCで誤送信、マイカースポンサーの顧客のメールアドレスが流出(オートプラス)

マイカーに乗車することでクライアントからスポンサー料がもらえるサービスを提供する株式会社オートプラスは2018年12月20日、同社サービスの一部顧客への電子メールを送信時に顧客のメールアドレスが表示された状態で送信したことが判明したと発表した。

BCCをTOに、日本学生支援機構奨学生だった元学生116名に誤送信(上越教育大学) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

BCCをTOに、日本学生支援機構奨学生だった元学生116名に誤送信(上越教育大学)

国立大学法人上越教育大学は12月17日、一部の卒業生と修了生へ連絡通知メールを送信する際に、誤ってTo欄にメールアドレスを入力して送信したことが判明したと発表した。

BCCをTOに、システム不具合の報告メール誤送信し400件メールアドレス流出(沖縄タイムス社) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

BCCをTOに、システム不具合の報告メール誤送信し400件メールアドレス流出(沖縄タイムス社)

株式会社沖縄タイムス社は12月16日、システム不具合の報告メールを配信する際、誤って配信した400人のメールアドレスを受信者が確認できる状態になっていたことが判明したと発表した。

BCCのつもりでTOに、誤送信でエキストラ登録者385名のメールアドレス流出(牛久市観光協会) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

BCCのつもりでTOに、誤送信でエキストラ登録者385名のメールアドレス流出(牛久市観光協会)

茨城県の牛久市観光協会は12月10日、同協会が運営する牛久フィルムコミッションがエキストラ登録者に募集お知らせの際、誤って受信者に他の受信者のアドレスが表示された状態で送信したことが判明したと発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 1 of 5
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×