2020年2月の情報漏えい事故 原因別 記事一覧:メール誤送信 | ScanNetSecurity
2020.04.09(木)

2020年2月の情報漏えい事故 原因別 記事一覧:メール誤送信

大学附属病院でメール誤送信、40代男性医師に懲戒処分(横浜市立大学) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

大学附属病院でメール誤送信、40代男性医師に懲戒処分(横浜市立大学)

公立大学法人横浜市立大学は2月26日、2019年7月24日に横浜市立大学附属病院にて発生したメール誤送信による患者情報の漏えいに関して懲戒処分を行ったと発表した。

大学入試受験者へ面接案内誤送信、200名のアドレス流出(琉球大学) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

大学入試受験者へ面接案内誤送信、200名のアドレス流出(琉球大学)

国立大学法人琉球大学は2月25日、同学の受験者へのメールを誤送信し、メールアドレスの流出が判明したと発表した。

メール誤送信で最高情報セキュリティ責任者会議を緊急開催(首都大学東京) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

メール誤送信で最高情報セキュリティ責任者会議を緊急開催(首都大学東京)

公立大学法人首都大学東京は2月14日、金融工学研究センターにてメール誤送信によるメールアドレスの流出が判明したと発表した。

職業技術専門校メール誤送信、謝罪メールは一斉送信システムで送る(大阪府) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

職業技術専門校メール誤送信、謝罪メールは一斉送信システムで送る(大阪府)

大阪府は2月14日、府立東大阪高等職業技術専門校にて、誤って受信者にメールアドレスが互いに見える状態で送信したことが判明したと発表した。

移住・交流推進機構のDBから抽出したメールアドレスを誤送信(飯田市) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

移住・交流推進機構のDBから抽出したメールアドレスを誤送信(飯田市)

長野県飯田市は2月12日、市民協働環境部ムトスまちづくり推進課にて、誤って一斉送信した全受信者のメールアドレスが互いに見える状態で送信したことが判明したと発表した。

gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

新潟県は2月13日、上越地域振興局農林振興部にて所属長の許可を得ずに誤ったメールアドレスにメール送信を行ったため情報流出が発生したと発表した。

大企業・メディア・VC・起業家ほか 80名のアドレス流出、業務委託先の誤送信(大阪市) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

大企業・メディア・VC・起業家ほか 80名のアドレス流出、業務委託先の誤送信(大阪市)

大阪市は2月4日、大阪市経済戦略局の実施する大阪イノベーションハブシードアクセラレーションプログラム業務(OSAP)の委託先担当者のメール誤送信による個人情報及び法人情報の漏えいが判明したと発表した。

新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

兵庫県神戸市は2月7日、新型コロナウイルスに関する注意喚起メールの誤送信が判明したと発表した。

タイプミスしたメールアドレス実在し数ヶ月「全員に返信」、調査で類似事案も発見(佐賀県) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

タイプミスしたメールアドレス実在し数ヶ月「全員に返信」、調査で類似事案も発見(佐賀県)

佐賀県は2月7日、メール誤送信による個人情報流出が2件発生したことが判明したと発表した。

メール誤送信でアドレス漏えい、理事長・事務局長・担当職員は懲戒処分 減給3ヶ月(滋賀レイクスターズ) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

メール誤送信でアドレス漏えい、理事長・事務局長・担当職員は懲戒処分 減給3ヶ月(滋賀レイクスターズ)

公益財団法人滋賀レイクスターズは2月4日、「ゲームコンダクターSHIGA」登録者へのメールを誤送信しメールアドレスの流出が発生したと発表した。

「2019五島長崎国際トライアスロン大会」参加申込選手への案内メールを誤送信(五島市) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

「2019五島長崎国際トライアスロン大会」参加申込選手への案内メールを誤送信(五島市)

長崎県五島市は1月30日、「2019五島長崎国際トライアスロン大会」に参加申込した選手へのメール誤送信で、メールアドレスの流出が判明したと発表した。

多摩図書館の講演会参加当選者へのメールを誤送信、231名分のアドレスが流出(東京都教育委員会) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

多摩図書館の講演会参加当選者へのメールを誤送信、231名分のアドレスが流出(東京都教育委員会)

東京都教育委員会は1月30日、東京都立多摩図書館にて『東京都立多摩図書館移転3周年記念講演会「地球を旅する」』への参加当選者を対象に抽選結果を連絡する際に、誤送信による個人情報の流出が発生したと発表した。

    Page 1 of 1
    ★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
    ★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

    登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

    ×