サイバーリーズン・ジャパン株式会社(Cybereason) | ScanNetSecurity
2022.01.28(金)

サイバーリーズン・ジャパン株式会社(Cybereason)

サイバーリーズン・ジャパン「インシデントレスポンス態勢評価サービス」開始 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉

サイバーリーズン・ジャパン「インシデントレスポンス態勢評価サービス」開始

サイバーリーズン・ジャパン株式会社は11月11日、企業や組織におけるセキュリティインシデント発生時の態勢を評価しアドバイスする「インシデントレスポンス態勢評価サービス」を同日から提供開始すると発表した。

Cybereason EDRとCybereason MDRの中小向け「Cybereason Core Suite」提供開始 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉

Cybereason EDRとCybereason MDRの中小向け「Cybereason Core Suite」提供開始

サイバーリーズン・ジャパン株式会社は9月30日、中堅企業向け次世代エンドポイントセキュリティソリューション「Cybereason Core Suite」の提供を同日から開始した。

クロスポイントとサイバーリーズン協業「X-SOC for Cybereason」提供 画像
製品・サービス・業界動向 高橋 潤哉

クロスポイントとサイバーリーズン協業「X-SOC for Cybereason」提供

株式会社クロスポイントソリューションは9月14日、サイバーリーズン・ジャパン株式会社と協業しEDR製品「Cybereason EDR」を活用したSOCサービス「X-SOC for Cybereason」の提供を同日から開始すると発表した。

破綻したモグラたたき ~ サイバーリーズンが考える攻撃可視化の重要性 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

破綻したモグラたたき ~ サイバーリーズンが考える攻撃可視化の重要性PR

攻撃は点ではなく線である。全体像を洗い出さない限り、ひとつも安心することができない。それも解像度の高い全体像でなければ意味がない。

NGAV + EDR + SOC の三位一体、サイバーリーズンだけが持つ平時有事のセキュリティ運用知見公開 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

NGAV + EDR + SOC の三位一体、サイバーリーズンだけが持つ平時有事のセキュリティ運用知見公開PR

日本を代表するセキュリティカンファレンスのひとつである Security Days が今春、「Security Days Spring 2021」として開催される。本稿では ScanNetSecurity 読者に特におすすめしたい講演を、5 つ厳選して紹介する。

シェアナンバーワンのエンドポイントセキュリティ企業が考える「ニューノーマル時代のセキュリティ対策」 - サイバーリーズン・ジャパン株式会社 菊川 悠一 氏 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

シェアナンバーワンのエンドポイントセキュリティ企業が考える「ニューノーマル時代のセキュリティ対策」 - サイバーリーズン・ジャパン株式会社 菊川 悠一 氏PR

ネットワーク側でアクセス制御をどれだけ行っても、正規の通信で攻撃活動が行われればターゲットに到達してしまいます。そこで重要になるエンドポイント製品について、ネットワークの経験を活かして伝えたいと思っています。

「Cybereason EDR」とSOCをあわせたマネージドサービスが月額46万円から(NECネッツエスアイ) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「Cybereason EDR」とSOCをあわせたマネージドサービスが月額46万円から(NECネッツエスアイ)

NECネッツエスアイは、自社のSOCとサイバーリーズン・ジャパンのエンドポイント・セキュリティ・ソリューション「Cybereason EDR」を組み合わせたセキュリティ運用サービスの提供を、4月1日より開始する。

民間対民間のサイバー時代の終焉 ~ サイバーリーズン エバンジェリスト 増田幸美氏 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

民間対民間のサイバー時代の終焉 ~ サイバーリーズン エバンジェリスト 増田幸美氏PR

イスラエルの精鋭サイバー部隊 Unit8200 の出身者によって設立された Cybereason 社は、米政府機関の所在するワシントンに近く、またAI研究のメッカでもあるボストンに本社を置く先進セキュリティ企業だ。

「日本はプライムターゲット」Cybereason CISO 独占インタビュー 画像
研修・セミナー・カンファレンス 中尾 真二( Shinji Nakao )

「日本はプライムターゲット」Cybereason CISO 独占インタビューPR

Black Hat USA 2018 BusinessHall の Cybereason社ブースに立ち寄り、同社 CISO の Israel Barak氏に話を聞くことができた。

サイバー実戦のノウハウ投入、「日本向け」次世代エンドポイントセキュリティ(サイバーリーズン・ジャパン)[Security Days Spring 2018] 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

サイバー実戦のノウハウ投入、「日本向け」次世代エンドポイントセキュリティ(サイバーリーズン・ジャパン)[Security Days Spring 2018]PR

ハイレベルな新たな脅威として、どのような攻撃手法があり、それに対してどのような防御の手法があるのかに関する知見を、自社のセキュリティを担当している方に持って帰っていただきたいです。

EDR製品「Cybereason」のマネージドサービス提供開始(SBT) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

EDR製品「Cybereason」のマネージドサービス提供開始(SBT)

SBTは、エンドポイントのセキュリティシステムを24時間365日監視・運用し対策を行うサービス「MSS for EDR」の提供を開始したと発表した。

ランサムウェアの暗号化動作を検知し停止させる「RansomFree」日本語版無償提供開始(サイバーリーズン・ジャパン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ランサムウェアの暗号化動作を検知し停止させる「RansomFree」日本語版無償提供開始(サイバーリーズン・ジャパン)

サイバーリーズン・ジャパンは、ランサムウエア対策に特化した個人・中小企業向けの対策ツール「RansomFree」の日本語版の無償提供を開始したと発表した。

ソフトバンクが 1 億ドル出資し Cybereason の筆頭株主に ~ セキュリティのユニコーン誕生(The Register) 画像
国際 The Register

ソフトバンクが 1 億ドル出資し Cybereason の筆頭株主に ~ セキュリティのユニコーン誕生(The Register)

サイバーセキュリティ系スタートアップ企業のサイバーリーズン(Cybereason)は、このほどソフトバンクより1億ドルの出資を受け、成長の次の段階へと進みつつある。

MSSにAIを活用したEDRを追加、共同マーケティングにより展開(NTT Security、サイバーリーズン・ジャパン) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

MSSにAIを活用したEDRを追加、共同マーケティングにより展開(NTT Security、サイバーリーズン・ジャパン)

NTT Securityとサイバーリーズン・ジャパンは、MSSとEDRを組み合わせたトータルセキュリティソリューションを共同展開すると発表した。

[Security Days Spring 2017 インタビュー] ソフトバンクが惚れ込んだ標的型攻撃対策のEDR製品(サイバーリーズン・ジャパン) 画像
研修・セミナー・カンファレンス ScanNetSecurity

[Security Days Spring 2017 インタビュー] ソフトバンクが惚れ込んだ標的型攻撃対策のEDR製品(サイバーリーズン・ジャパン)PR

多くの企業、組織は「入口対策」におよそ70%投資しています。しかし、どんなに強固にしても侵入は避けられません。我々のソリューションは、侵入は避けられないことを前提として、攻撃を成立させない仕組みを提供しています。

AIを活用したサイバー攻撃対策プラットフォームの国内販売で合弁会社設立(ソフトバンク、Cybereason) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

AIを活用したサイバー攻撃対策プラットフォームの国内販売で合弁会社設立(ソフトバンク、Cybereason)

ソフトバンクと、同社が2015年9月に出資した米Cybereason社は、合弁会社「サイバーリーズン・ジャパン株式会社」を設立した。

    Page 1 of 1
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

    ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

    ×