海外情報のニュース記事一覧(4 ページ目) | 国際 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.22(日)

国際 海外情報ニュース記事一覧(4 ページ目)

優秀な技術者が、勤務するハイテク企業に倫理的行動を日常的に要求するとき世界に大きな変化がもたらされる(The Register) 画像
TheRegister

優秀な技術者が、勤務するハイテク企業に倫理的行動を日常的に要求するとき世界に大きな変化がもたらされる(The Register)

シュナイアー氏が最新著書『 Click Here to Kill Everybody: Security and Survival in a Hyper-connected World 』へのサインを終えた後、私たちは彼と対談を行い、詳しく話を聞いた。

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2019.3 画像
脅威動向

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2019.3

マドゥロ政権の主張内容は興味深いものです。電磁パルス攻撃とサイバー攻撃については、2017年に電磁パルス委員会がレポートを公開しており、世界的に注目されています。事実は別として本ニュースは 1 つのリスクシナリオとして、念頭においておくべきものかもしれません。

第 3 回「日本で起こるかもしれないこと」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから 画像
ブックレビュー

第 3 回「日本で起こるかもしれないこと」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから

おそらく民主主義はネット世論操作には対抗できない。前世紀の遺物として滅び、次の新しい政治システムが確立されるまでネット世論操作は猛威を振るうだろう。重要なことは既存のシステムを守ることではなく、新しいシステムを構築することなのだ。

CrowdStrike Blog:CrowdStrikeとメルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツとのパートナーシップ~熱意を込めて取り組む訳 画像
海外情報

CrowdStrike Blog:CrowdStrikeとメルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツとのパートナーシップ~熱意を込めて取り組む訳

このパートナーシップは、単にレース車の車体にロゴを掲げるという話ではありません。多大なプレッシャーのかかるF1の世界は、当社の技術を実証し、非常に困難な状況下において最近の攻撃者からお客様を保護する当社の能力を証明するのに相応しい場です。

中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike) 画像
TheRegister

中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

2018 年は国家主導攻撃者に対する米司法省による一連の告発が注目を集め、多くの攻撃者にとって転換期となった年であった、と述べている。

ニュージーランド乱射事件犯人、同程度の時間かけ SNS 拡散を準備 ~ ソーシャルメディアが作った世界(The Register) 画像
TheRegister

ニュージーランド乱射事件犯人、同程度の時間かけ SNS 拡散を準備 ~ ソーシャルメディアが作った世界(The Register)

彼らは、そのとんでもなく巨大なプラットフォームにおけるコンテンツ監視に大きく投資せず、そうした仕事を低賃金で雇った小規模で無力な業者に任せてきた。

第 2 回「民族主義助長と分断促進、ロシア世論操作部隊 12 の戦術」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから 画像
ブックレビュー

第 2 回「民族主義助長と分断促進、ロシア世論操作部隊 12 の戦術」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから

New Knowledge 社のレポートは IRA の基本的な 12 の戦術の解説に多くのページを割いている。それらを順を追って紹介したい。注目すべきは、IRA が行っているのは高度かつ長期間にわたるデジタル・マーケティングだ。

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2019.2 画像
脅威動向

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2019.2

2月27日からベトナムのハノイ市で第2回米朝首脳会談が開催されました。それに伴い、韓国に対してサイバー攻撃が確認されました。

CrowdStrike Blog:サイバー犯罪集団「Magecart」あなたが利用するECサイトにも? 画像
海外情報

CrowdStrike Blog:サイバー犯罪集団「Magecart」あなたが利用するECサイトにも?

このブログでは、ECアプリケーションを悪用し、オンライン決済を行う顧客からクレジットカード情報を盗むためにMagecartが使用した最近のTTPs(戦術、技術、手順)について分析します。

CrowdStrike Blog:ランサムウェア Ryuk を武器に猛獣狩り、大金を生む標的型ランサムウェア 画像
海外情報

CrowdStrike Blog:ランサムウェア Ryuk を武器に猛獣狩り、大金を生む標的型ランサムウェア

SamasやBitPaymerと同様に、Ryukは大企業を標的とする攻撃に特化しています。RyukとHermesランサムウェアのバージョン間のコードを比較すると、RyukはHermesのソースコードから派生したものであり、リリース以来着実に開発が進められてきたことがわかります。

今年で 19 回目、韓国のセキュリティ展示会 SECON 2019 開催 画像
セミナー・イベント

今年で 19 回目、韓国のセキュリティ展示会 SECON 2019 開催

3 月 6 日から 8 日まで、アジア最大規模の総合セキュリティ展「SECON 2019」が韓国 ソウル市で開催される。

第 1 回「ロシアのネット世論操作部隊 IRA 作戦概要、11 の要点」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから 画像
ブックレビュー

第 1 回「ロシアのネット世論操作部隊 IRA 作戦概要、11 の要点」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから

はじめに

シンガポール発のサイバーインテリジェンス企業が日本に注目する理由 ~ CYFIRMA 画像
セミナー・イベント

シンガポール発のサイバーインテリジェンス企業が日本に注目する理由 ~ CYFIRMAPR

英国 GCHQ(政府通信本部)に 8 年勤務、MI5(国内諜報部門)、MI6(海外諜報部門) で調査活動やサイバー案件に関わっていたというクマール・リテッシュ氏。

クレブス氏も標的か、米男性と英10代受刑者が連続爆破予告の疑いで起訴(The Register) 画像
TheRegister

クレブス氏も標的か、米男性と英10代受刑者が連続爆破予告の疑いで起訴(The Register)

 Twitter 上で「@WantedByFeds」というハンドルネームを使用していたと報じられている 20 歳のアメリカ人男性がすでに服役中のイギリス人の 10 代の若者とともに DDos 攻撃、爆破予告などを行った疑いで起訴された。

Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者 画像
脅威動向

Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

EMCジャパン RSA事業本部は、「オンライン不正行為の最新トレンドとサイバー攻撃手法の進化」と題するメディアブリーフィングを開催した。

CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣 画像
脅威動向

CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

最近の調査によると、USBドロップ攻撃はほぼ50%の確率で成功し、セキュリティを意識したユーザーでさえも騙されることがわかっています。

CrowdStrike Blog:一 “石” 二鳥? ひとつの “STONE” PANDA で 2 つを得る 画像
海外情報

CrowdStrike Blog:一 “石” 二鳥? ひとつの “STONE” PANDA で 2 つを得る

2017年4月、当時は未知の存在であった「IntrusionTruth」と名乗るグループが、中国による大規模な侵入攻撃キャンペーンに関連するとみられる個人の詳細情報を記載したブログ記事を公開し始めました。

事件の背景 世界に広がるサイバー軍需産業 NSOグループと BlackCube 画像
海外情報

事件の背景 世界に広がるサイバー軍需産業 NSOグループと BlackCube

>> 本稿の前編にあたる「スパイ代行業者に狙われた権力監視機関シチズンラボ」はこちら

スパイ代行業者に狙われた権力監視機関シチズンラボ 画像
海外情報

スパイ代行業者に狙われた権力監視機関シチズンラボ

カナダのトロント大学にあるシチズンラボは、これまで国家が国民に対して行うネット上の検閲や監視活動を多数暴いており、政府向けに監視用のスパイウェアを開発、提供してきたサイバー軍需企業の活動も明らかにしてきた。

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2019.1 画像
脅威動向

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2019.1

 サイバー領域の動向ですが、朝鮮半島に関連した攻撃活動が活発化しているようです。特に経済制裁に苦しむ北朝鮮に関しては、Lazarus グループの活動が複数国で報告されています。

2019 年新春の決意:お年玉で絶対に買ってはいけない「最新技術製品」(The Register) 画像
TheRegister

2019 年新春の決意:お年玉で絶対に買ってはいけない「最新技術製品」(The Register)

あらゆる専門家がIT業界の未来を予測し、的中させようと躍起になっていました。今度は私に順番が回ってきました。そこで思いつくままにたわごとを書き連ねてみようと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 20
  12. 30
  13. 40
  14. 50
  15. 最後
Page 4 of 340
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×