海外情報のニュース記事一覧(300 ページ目) | 国際 | ScanNetSecurity
2020.07.07(火)

国際 海外情報ニュース記事一覧(300 ページ目)

アルカイダ関連のウェブトラフィックが再開 画像
海外情報

アルカイダ関連のウェブトラフィックが再開

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、米国政府当局は3月5日、国際連合軍による軍事的な敗北後、アルカイダが再結集を図り、通信を再確立しようとする新しいウェブトラフィックが発見されたと語ったとのこと。米国政府はこれを懸念しているが、オサマビン

匿名ウェブブラウジングアプリケーション、Peekabootyの主要アップグレード版は今なお準備中 画像
海外情報

匿名ウェブブラウジングアプリケーション、Peekabootyの主要アップグレード版は今なお準備中

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、2月17日にサンフランシスコで開催されたCodeConハッカー会議にて、Peekabootyのワーキングバージョンが開発者によって実演されたとのこと。同製品は、C++で書かれた匿名ウェブブラウジングツール。しかし、現在も一般

China Eagleハッキンググループが国家主義を強調 画像
海外情報

China Eagleハッキンググループが国家主義を強調

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国のChina Eagleハッキンググループが、中国の「情報空間」の開発を含む、中国の国益および中国文化の振興を強く推奨しているとのこと。同グループは「ネットワークセキュリティに関わる国際インターネット非商業ア

米司法省予算によりサイバー監視を強化 画像
海外情報

米司法省予算によりサイバー監視を強化

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、米ブッシュ政権が2003年の予算で電子的な監視に過去最大の資金を注ぎ込む予定であると、監視機関が発表したとのこと。米IDEFENSEでは、司法省は9月11日の反テロ法以前に禁止されていた、あらゆる種類のテクノロジーと

昨年5月の米国サイト攻撃の主犯格は「Chinaeagle」で知られるハッカー 画像
海外情報

昨年5月の米国サイト攻撃の主犯格は「Chinaeagle」で知られるハッカー

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、2001年5月に米国ウェブサイトを攻撃した中心人物が「Chinaeagle」として知られるハッカーであることが明らかになったとのこと。しかし彼は、攻撃のリーダー格を務めたものの、実際にハッキング行為は行っていないと主

Sun Microsystems社とNetscape Communications社がJREのパッチをリリース 画像
海外情報

Sun Microsystems社とNetscape Communications社がJREのパッチをリリース

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Sun Microsystems社のJava Runtime Environment(JRE)最新リリースの修正により、クライアントのウェブブラウザーとサーバー間で持続的接続が行われている間に、JavaアプレットがHTTPプロキシサーバーの要求および応答

Openwall Linuxがカーネルセキュリティのアップデートをリリース 画像
海外情報

Openwall Linuxがカーネルセキュリティのアップデートをリリース

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Openwall Projectは、Openwall Linuxのlcallバイナリ互換性インターフェースのセキュリティに関する脆弱性を解決するアップデートカーネルを発表した。lcallバイナリ互換性インターフェースの脆弱性により、攻撃者が

Windows 2000のある設定を利用してパワーユーザーが管理者になる可能性 画像
海外情報

Windows 2000のある設定を利用してパワーユーザーが管理者になる可能性

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、シマンテック社のNorton AntiVirus CorporateEdition 7.6をインストールしたWindows 2000で、パワーユーザーグループのメンバーは管理者グループに入り込む事ができる問題が発見された。この問題を利用することで管理

日本語を用いて拡散するFidao 画像
海外情報

日本語を用いて拡散するFidao

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、新種のマスメーリングワーム「Fidao」が発見された。このワームの特徴として、件名が日本語文字列 (宛先メールアドレスが「.jp」ドメインの場合)またはImportant. (宛先メールアドレスが上記以外の場合)となっており

オンラインでウイルスを作成できるウェブサイトが登場 画像
海外情報

オンラインでウイルスを作成できるウェブサイトが登場

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、オンラインでウイルスを作成できるInstant Macro-VirusMaker(IMVM)v1.2のオンライン版がリリースされた。このサービスを利用して作成できるウイルスは、Mirat.Bの単純な亜種であるため、アンチウイルスソフトで検知が

Tiny Personal FirewallがWindowsワークステーションのロックを迂回 画像
海外情報

Tiny Personal FirewallがWindowsワークステーションのロックを迂回

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Tiny Software社のTiny Personal Firewallのロック機能を、WindowsのCtrl+Alt+Delキーでロックした場合に、攻撃者がこのアラートを利用してシステムにアクセスする可能性がある。暫定処置としては、"learning" モード

Xtellのバグにより、リモートのコマンド実行が可能に 画像
海外情報

Xtellのバグにより、リモートのコマンド実行が可能に

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Xtellネットワークメッセージクライアントに、重大なセキュリティバグが複数発見された。これらバグは、バッファオーバーフロー、symlinkの問題、ディレクトリートラバーサル問題、及びファイルのレース状態 (race c

マイクロソフトの推奨ASP .NETアプリケーションのソースコードにバグ発見 画像
海外情報

マイクロソフトの推奨ASP .NETアプリケーションのソースコードにバグ発見

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、.NETアプリケーションを構築するユーザーに推奨しているIbuySpyサンプル開発者ソリューションキットに、攻撃者が第三者の注文を表示できるバグが含まれていることが判明した。このソースコードを実装すると、注文した

マイクロソフトセキュリティアップデートを装うGibeウイルス 画像
海外情報

マイクロソフトセキュリティアップデートを装うGibeウイルス

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、マイクロソフトセキュリティアップデートを装う新種のウイルス「Gibe」が発見された。このウイルスは、Q216390.EXEという名称の添付ファイルが送られてくる。感染したマシンは、OutlookとデフォルトのSMTP設定を使っ

Palcoウイルスが悪意のあるコード防止マクロを偽装 画像
海外情報

Palcoウイルスが悪意のあるコード防止マクロを偽装

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、悪意のあるコード防止マクロを装った新型ウイルス「Palco」が発見された。Wordドキュメントを閉じる際に、ドキュメントにウイルス実行ファイルを挿入する。さらにPalcoは、挿入したマクロウイルスを実行するコンポー

バグでいっぱいのFullyウイルス 画像
海外情報

バグでいっぱいのFullyウイルス

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、自らの感染能力を低下させる、多数のバグを含む新型ウイルス「Fully」が発見された。Fullyには、明らかに悪意のあるコードの隠蔽を狙った、複数の暗号化文字列が含まれている。 しかし、Fullyにはバグが含まれている

新しいSSH2の利用法が一般に入手できる可能性 画像
海外情報

新しいSSH2の利用法が一般に入手できる可能性

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、LinuxプラットフォームのSSH2を目標とした脆弱性の利用法が一般に入手できる可能性がある。このスクリプトの利用が成功したという報告は受けていないため、この利用法が以前に公開されたSSH2の脆弱性を目標としている

セキュリティ企業が2種のWAPテスト用ツールをリリース 画像
海外情報

セキュリティ企業が2種のWAPテスト用ツールをリリース

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Wireless Application Protocol (WAP) アーキテクチャを使ったデバイスの品質評価とプロテクションテストを支援するツールが@stake社よりリリースされた。しかし、これらのツールが攻撃者も利用されるおそれがあり、

XMBフォーラムにおいて悪意あるコードが埋め込まれる可能性 画像
海外情報

XMBフォーラムにおいて悪意あるコードが埋め込まれる可能性

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、XMB Group社のウェブベースのフォーラム「XMB(Extreme Message Board)」で、攻撃者はJavaScriptやその他の悪意のあるコードをメッセージに埋め込むことができてしまう問題が発見された。攻撃者は、クッキーの盗用、セ

Morpheus、Kazaa、Groksterにメッセージ機能の欠陥発見 画像
海外情報

Morpheus、Kazaa、Groksterにメッセージ機能の欠陥発見

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ファイル共有アプリケーションであるMorpheus、Kazaa、Groksterおよびメッセージの交換にFastTrackの「パーソンツーパーソン」テクノロジーを使用しているほかのソフトウェアに、リソース不足によるDoS(サービス拒否

Real Playerを使って、コンピューターリソースを浪費できる問題 画像
海外情報

Real Playerを使って、コンピューターリソースを浪費できる問題

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Real Player は、実行ファイルを開く時に CPUの使用率を100%消費させてしまう可能性がある。リモートの攻撃者は、デフォルト設定でReal Playerがプレイするタイプのファイルに、実行ファイルを改名することにより、

  1. 先頭
  2. 250
  3. 260
  4. 270
  5. 280
  6. 290
  7. 295
  8. 296
  9. 297
  10. 298
  11. 299
  12. 300
  13. 301
  14. 302
  15. 303
  16. 304
  17. 305
  18. 310
  19. 320
  20. 最後
Page 300 of 344
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×