海外情報のニュース記事一覧(290 ページ目) | 国際 | ScanNetSecurity
2020.03.29(日)

国際 海外情報ニュース記事一覧(290 ページ目)

ハッキング容疑者の家宅捜索がPATRIOT ACT制定の抗議デモに発展 画像
海外情報

ハッキング容疑者の家宅捜索がPATRIOT ACT制定の抗議デモに発展

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、米国愛国者法−USA PATRIOT ACTの制定およびRaisethefirst.comの運営者の自宅をFBIが家宅捜索した事件に対する抗議デモが行われる予定とのこと。多くの市民権活動家達は、反テロリズム法として知られる米国愛国者法を

環境団体「Earth First」が米連邦捜査局に対する抗議行動を開始 画像
海外情報

環境団体「Earth First」が米連邦捜査局に対する抗議行動を開始

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、米国のラディカルな環境団体「Earth First」が、米連邦捜査局に対する抗議行動を計画しており、インターネットを介した抗議も行われる可能性があるとのこと。実際の抗議活動は来年4月8日に行われる予定だという。

Krimワームがハードドライブをフォーマットしてしまう危険性 画像
海外情報

Krimワームがハードドライブをフォーマットしてしまう危険性

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、攻撃対象コンピューターのハードドライブのフォーマットを試みる危険性がある新種の大量メール送信型ワーム「Krim」が発見された。Krimは、自身がデスクトップに作成したテキストファイルをユーザーが削除してしまう

ワームBritneyPic.Bはスペイン語のメッセージを配信 画像
海外情報

ワームBritneyPic.Bはスペイン語のメッセージを配信

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、BritneyPicワームの新しい亜種「BritneyPic.B」が発見された。BritneyPicワームはCHM拡張子の使用を試みることで、ゲートウェイとデスクトップスキャナーをバイパスする。CHMの利用とBritneyPicの手法は、近い将来に

Leeワームの新亜種が発見される 画像
海外情報

Leeワームの新亜種が発見される

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、大量メール送信型ワームLeeの新亜種「Lee.D」が発見された。Lee.Dが送信する電子メールは日本語テキストを含み、件名が「konnichiwa (こんにちは)」となっている。Outlookのアドレス帳を利用し大量にメールを送信す

IEのバグがファイルのプロパティを暴露 画像
海外情報

IEのバグがファイルのプロパティを暴露

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、リモートの攻撃者がHTML画像タグ (imgタグ)機能を悪用して、マイクロソフト社のInternet Explorerをデフォルトのウェブブラウザとして使用しているコンピューターで、ファイルのプロパティを確認できる可能性がある。

RCAケーブルモデムに多数の欠陥 画像
海外情報

RCAケーブルモデムに多数の欠陥

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、トムソンマルチメディア社のRCA DCM225ケーブルモデムとその他のRCAモデルには、多数の脆弱性がある。攻撃者は、この欠陥を利用して、モデムのリセット、情報の閲覧、モデムの再設定や、ネットワーク情報の抽出を実行

LogWatchの一時ファイル作成がルートアクセスを許可 画像
海外情報

LogWatchの一時ファイル作成がルートアクセスを許可

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、LogWatch Perlスクリプトは、安全性の低い方法でルート実行をして一時ファイルを作成する。攻撃者が、その結果発生する競合条件を利用して、ルートアクセスを取得する可能性がある。この攻撃は、/tmp ディレクトリー

Posadis DNSサーバーにフォーマットストリングの欠陥 画像
海外情報

Posadis DNSサーバーにフォーマットストリングの欠陥

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Posadis TeamのPosadis DNSサーバーに、フォーマットストリングの脆弱性がある。攻撃者は、Posadisのログファイルであるlog.cpp を利用して、任意コードをリモート実行することができる。この問題は、プログラマーが

印刷要求でSouthWest Telnetトーカーサーバーをクラッシュ 画像
海外情報

印刷要求でSouthWest Telnetトーカーサーバーをクラッシュ

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Scott Lloyd社の SouthWest Telnetトーカーサーバーは、インストール先のコンピューターのポート5002に接続して印刷要求を送信するとクラッシュする。ユーザーは、この製品を利用して、トーカーに同時にログインして

米国連邦捜査局がインフラ保護センターを保持 画像
海外情報

米国連邦捜査局がインフラ保護センターを保持

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、米国連邦捜査局(FBI)は、国家インフラ保護センター(NIPC)における重要な改編を検討中だが、噂されていた同組織の解散は予定していないとのこと。ブッシュ政権の官僚と一部の弁護士が、提案に否定的な反応を示した

米国上院が連邦CIOの任命を検討 画像
海外情報

米国上院が連邦CIOの任命を検討

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、米国上院政府活動委員会は3月21日、連邦政府の最高情報責任者(CIO)を任命する法案を上院に提出したとのこと。この法案は、行政管理予算局内に専用オフィスを設置し、そこにIT技術の連邦予算使用に関する権限を与え

ドイツ政府がオープンソースの暗号ツールキットをリリース 画像
海外情報

ドイツ政府がオープンソースの暗号ツールキットをリリース

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ドイツ科学技術省はOpenPGP protocolのフリーウェアであるGnupPGを含む、GnuPPと呼ばれるオープンソースの暗号ツールキットをリリースしたとのこと。また、ツールにバックドアやセキュリティホールが存在しないことを

ニュージーランドがE-Tapへの予算割り当てを計画 画像
海外情報

ニュージーランドがE-Tapへの予算割り当てを計画

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ニュージーランド政府は電子メールと携帯電話の盗聴に300万NZドルの予算を割り当てることを計画しているとのこと。通信事業者は、この盗聴作業と互換性を持たせるために各自のネットワークをアップグレードすることが

スパムメールが新たに急増の傾向 画像
海外情報

スパムメールが新たに急増の傾向

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、電子メール利用者が受信するスパムメールの量が過去6ヶ月間で倍増したとのこと。ジュピターメディアメトリックス社のレポートでは、プロモーションや懸賞などによる広告戦略の投資増加に伴い、オンライン広告の氾濫は

中国のハッカーグループ、Green Army Corpsがウェブサイトを更新 画像
海外情報

中国のハッカーグループ、Green Army Corpsがウェブサイトを更新

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国のGreen Army Corpsが3月13日付けでポスティングを行い、インターネットでのプレゼンスを更新したとのこと。同グループは2001年春に、中国と米国の間の小規模なサイバー戦争中、最も活躍した3つの中国ハッカーグ

ハッカーグループがVerisign社自体ではなく、そのパートナーを攻撃 画像
海外情報

ハッカーグループがVerisign社自体ではなく、そのパートナーを攻撃

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、先の報告でブラジルのWeb PiratesがVerisign社を攻撃したとされていたが、実は米国アトランタに本社があるInterland社のウェブサーバをハッキングしていたとのこと。この問題は3月19日発見後すぐに修正され、現在警察

ナイジェリア詐欺事件で犯人2人に実刑判決 画像
海外情報

ナイジェリア詐欺事件で犯人2人に実刑判決

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、カナダ/オンタリオ州出身の2人の男性がナイジェリアの書簡詐欺に関わったとして懲役刑を言い渡されたとのこと。彼らはユーザにナイジェリアから数百万ドルを持ち出す手助け依頼し、100万米ドル以上を盗み出した。この

ジョージア工科大学がハッキングされ、クレジットカード情報が暴露 画像
海外情報

ジョージア工科大学がハッキングされ、クレジットカード情報が暴露

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、3月10日にジョージア工科大学のサーバがクラックされ、クレジットカード情を含む職員の返済記録が暴露されたとのこと。同大学は、クラッカーがファイルとログを消去する前に、数人の侵入者がダウンロードした大容量の

米国技術緊急保護法案の提出 画像
海外情報

米国技術緊急保護法案の提出

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、組織的災害復旧計画の一環として、重要データの保護と重要通信インフラの設定を目的とする米国技術緊急保護法案が、3月20日米議会に提出されたとのこと。この法案は、国内のITインフラに緊急事態が発生した場合、関連

リモートアクセスアプリケーションの存在で米軍が混乱 画像
海外情報

リモートアクセスアプリケーションの存在で米軍が混乱

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Binary Resarch International社製のリモートアクセスツールRemotelyAnywhereが、米国防省のコンピュータで最近発見されたとのこと。このツールを悪用すると、リモートユーザはサーバベースのソフトウェアをホストし

  1. 先頭
  2. 240
  3. 250
  4. 260
  5. 270
  6. 280
  7. 285
  8. 286
  9. 287
  10. 288
  11. 289
  12. 290
  13. 291
  14. 292
  15. 293
  16. 294
  17. 295
  18. 300
  19. 310
  20. 最後
Page 290 of 343
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×