海外情報のニュース記事一覧(27 ページ目) | 国際 | ScanNetSecurity
2020.03.28(土)

国際 海外情報ニュース記事一覧(27 ページ目)

Duqu 2.0:Kaspersky を攻撃した「ターミネーター」はイスラエル発かもしれない~情報セキュリティ界の大物たちの意見は異なっているが――それが国家的な作戦であることは間違いないようだ(その 1)(The Register) 画像
TheRegister

Duqu 2.0:Kaspersky を攻撃した「ターミネーター」はイスラエル発かもしれない~情報セキュリティ界の大物たちの意見は異なっているが――それが国家的な作戦であることは間違いないようだ(その 1)(The Register)

彼は、(敵が)自身の強さを自慢するために同社を攻撃した可能性があると示唆している。「彼らは自分自身がクールであり、セキュリティ業界をリードする IT 企業さえ感染させられるということを証明したかったのだ」

スノーデンによる最新のリーク:NSAは「ハッカーたち」を捕まえるためにインターネットを嗅ぎ回ることができる。令状は不要だ~これは何をハッカーと呼ぶかに全面的にかかっている(The Register) 画像
TheRegister

スノーデンによる最新のリーク:NSAは「ハッカーたち」を捕まえるためにインターネットを嗅ぎ回ることができる。令状は不要だ~これは何をハッカーと呼ぶかに全面的にかかっている(The Register)

外国情報監視法 第702項に基づき、自由の地アメリカの構成員ではない、地球上の61億8千万人の人々のメール、通話、インターネットトラフィックを包括的に収集することを許可するものだ。

中国は検閲の強化につれVPNをより厳しく取り締まる~ただし、他のツールを使用することで、いずれはグレート・ファイアウォールを突破できるかも?(The Register) 画像
TheRegister

中国は検閲の強化につれVPNをより厳しく取り締まる~ただし、他のツールを使用することで、いずれはグレート・ファイアウォールを突破できるかも?(The Register)

複数の情報源によれば、中国で極めて人気のあるオンラインショッピングサイト淘宝(タオバオ)では、もはやVPNを販売しておらず、VPNサービスについてのキーワード検索は現在ブロックされている。

黒いヘリのことは忘れろ、FBI が米国の街々で令状なく監視用のセスナを飛ばしている~ FBI は「金の無駄だから、それについては言及しないように」と報道機関に依頼(The Register) 画像
TheRegister

黒いヘリのことは忘れろ、FBI が米国の街々で令状なく監視用のセスナを飛ばしている~ FBI は「金の無駄だから、それについては言及しないように」と報道機関に依頼(The Register)

昨年 11 月には、米国の高官たちが、携帯電話の追跡システムを搭載した航空機を飛ばしていた事実が浮上した。これらの航空機は、モバイル機器から発せられる一意的な IMEI 番号を記録し、追跡することができる。

Silk Road のボス Ross Ulbricht、仮釈放なしの終身刑~判事「あなたは Silk Road を遺産にしたかった。これが結果だ」(The Register) 画像
TheRegister

Silk Road のボス Ross Ulbricht、仮釈放なしの終身刑~判事「あなたは Silk Road を遺産にしたかった。これが結果だ」(The Register)

検察は、Silk Roadから購入した薬物に関連づけられる「薬物の過剰摂取」で、少なくとも 6 人が死亡しているとニューヨークの裁判所で語った。そのうち 2 人の両親は、金曜日の量刑公聴会で証言を行っている。

情報セキュリティ研究者たち「Tor 秘匿サービスのユーザーを特定するのは、あまりに容易だ」~どうやらオープンにしたほうが安全らしい(The Register) 画像
TheRegister

情報セキュリティ研究者たち「Tor 秘匿サービスのユーザーを特定するのは、あまりに容易だ」~どうやらオープンにしたほうが安全らしい(The Register)

「それは常識的に考えられることと大きく反するので、人々はそれについて知っておくべきだと我々は考えた。ただし『誰でも特定できるようにする』ためには、(この手法だけではなく)接続の『入口』側の何かを制御する必要がある」

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第6回「ハッカーを追い続けた『語り部』の存在とは」 画像
特集

Hacker in the Rye ハッカーの夢見た社会 第6回「ハッカーを追い続けた『語り部』の存在とは」

レビーは「ハッカーズ」出版の後、アメリカ政府とハッカーの戦いを暗号を軸に鮮やかに描き出す。ハッカーはハッカーだけでは成立しない。これはハッカーに限らず、あらゆる分野に適応される原理だ。強烈な個性には支援体制が必要だ。

サイバーセキュリティ・アフリカ (5)虹の国 ~ モーリシャスとヨハネスブルグ 画像
コラム

サイバーセキュリティ・アフリカ (5)虹の国 ~ モーリシャスとヨハネスブルグ

作家のマーク・トウェインは「神様は最初にモーリシャスを作ってから、モーリシャスをまねて天国を作った」という、観光ガイドブックに必ず書いてある言葉を残しています。

本当に SSH を!? Microsoft が Windows PowerShell の安全なログインを約束~バルマーが去った現在、OpenSSH のサポートに障害はない(The Register) 画像
TheRegister

本当に SSH を!? Microsoft が Windows PowerShell の安全なログインを約束~バルマーが去った現在、OpenSSH のサポートに障害はない(The Register)

「我々のリーダーシップ、および文化の移り変わりを考慮し、我々は今回そこに再びチャンスを設けることを決断しました。なぜなら我々は、明快で説得力のある顧客価値を示すことができており、また会社も非常に協力的であるからです」

日本の「年金受給者の群れ」を狙ったハッカーたちが、大量のデータを盗む~原因究明の「チーム」が設立されるそうだ、やれやれ。(The Register) 画像
TheRegister

日本の「年金受給者の群れ」を狙ったハッカーたちが、大量のデータを盗む~原因究明の「チーム」が設立されるそうだ、やれやれ。(The Register)

このコンピュータ違反に関しては、警視庁も捜査を行っている。政府は攻撃を軽減するため、関係省庁やセキュリティ機関の専門家を集めた緊急首脳会議を開くものと考えられている。

Tor の新たなリレー選択の修正が(ようやく)諜報機関の楽しみを奪う~急げ、Skynet が Five Eyes を制御する前に(その 2)(The Register) 画像
TheRegister

Tor の新たなリレー選択の修正が(ようやく)諜報機関の楽しみを奪う~急げ、Skynet が Five Eyes を制御する前に(その 2)(The Register)

さらに彼は加えて述べた。「セキュリティは『ゴール』と見なされるものの一つであるが、洗練された監視技術に抵抗することよりも、むしろ『検閲への抵抗とパフォーマンス』を優先するユーザーも非常に多い」

Tor の新たなリレー選択の修正が(ようやく)諜報機関の楽しみを奪う~急げ、Skynet が Five Eyes を制御する前に(その 1)(The Register) 画像
TheRegister

Tor の新たなリレー選択の修正が(ようやく)諜報機関の楽しみを奪う~急げ、Skynet が Five Eyes を制御する前に(その 1)(The Register)

Murdochは語った。「少なくとも一部の Tor ユーザーは諜報機関によって非匿名化できる、ということは常に想定されていたので、どちらかと言えば Tor は、多くの人々が予想していたより順調に持ちこたえてきたことが示されている」

FBI 曰く「男が航空機の制御システムをハッキングした――自分の座席から」~信憑性は不明瞭だが。ちなみに彼はファーストクラスに座ってすらいなかった(The Register) 画像
TheRegister

FBI 曰く「男が航空機の制御システムをハッキングした――自分の座席から」~信憑性は不明瞭だが。ちなみに彼はファーストクラスに座ってすらいなかった(The Register)

以前の彼は、機内のエンターテイメントシステム、あるいは IFE におけるセキュリティの欠陥に関する懸念を提起していた。しかし現在、Roberts は、それらのシステムを改ざんし、侵害したとして告発されている。

ハッカーがランサムウェア救出キットを立ち上げ~まずはいったん落ち着いて。そこでクリックを間違えると、サーバは台無しになる(The Register) 画像
TheRegister

ハッカーがランサムウェア救出キットを立ち上げ~まずはいったん落ち着いて。そこでクリックを間違えると、サーバは台無しになる(The Register)

このツールキットは CryptoLocker、TeslaCrypt、CoinVault のバリアントに有効である。これらは、世に出回っているランサムウェアのうち、最も厄介で、最も一般的な 3 つのランサムウェアだ。

サイバーセキュリティ・アフリカ(4)セキュリティ外交ことはじめ 画像
コラム

サイバーセキュリティ・アフリカ(4)セキュリティ外交ことはじめ

「日本のインターネットを守るためには、世界のインターネットの水準を上げなければいけないですから、どこに一番手を入れなければいけないかというと、これから一番人口の増加が予測されているアジアとアフリカなんだ、という話をとても正直にしました。」

中小企業による PCI DSS の採用を断念した PCI が、セキュリティ基準の簡略化へ~新しい「シンプルなセキュリティ」で啓蒙活動を再開(The Register) 画像
TheRegister

中小企業による PCI DSS の採用を断念した PCI が、セキュリティ基準の簡略化へ~新しい「シンプルなセキュリティ」で啓蒙活動を再開(The Register)

小規模な商店は、ハッカーからの攻撃を特に受けやすい。通常、彼らが自由に利用できるリソースや技術的な専門知識は非常に限られており、防御や復旧に必要なツールや情報、教育が、しばしば不足している。

Microsoft「復活したマクロウイルス、これがマルウェアの未来」~この 2015 年に、50 万人が、90 年代から知られていた「悪いもの」をクリックしている(The Register) 画像
TheRegister

Microsoft「復活したマクロウイルス、これがマルウェアの未来」~この 2015 年に、50 万人が、90 年代から知られていた「悪いもの」をクリックしている(The Register)

「『マクロを利用したマルウェアは過去のものだ』とあなたが考えている間にも、我々は過去数か月間に渡って、マクロダウンローダの増加の傾向を確認してきた。それは約 501,240 台のマシンを世界中で感染させている」

5月30日、対中国攻撃“#OpChina”始動!(Far East Research) 画像
Far East Research

5月30日、対中国攻撃“#OpChina”始動!(Far East Research)

ベトナムとフィリピンのハッカー中心と推定されるハッカーグループ“Global Security Hackers”が来る5月30日、“#OpChina”と称する、中国のウェブサイトへの大規模な改竄・DDoS攻撃作戦を予定している。攻撃開始時刻は日本時間で5月30日の14:00から。

サイバーセキュリティ・アフリカ(3)これからの10年 画像
コラム

サイバーセキュリティ・アフリカ(3)これからの10年

アフリカではこの順番が逆になっています。すなわち、アフリカ地域全体を統括する AfricaCERT を最初に設立し、そこにノウハウを集積させてから、各国の CSIRT を設立していきました。

「Logjam」は、NSA が VPN を破る際に利用したものかもしれない~ジョンズホプキンス大の暗号研究者が指摘した、「FREAK」に似たバグ(The Register) 画像
TheRegister

「Logjam」は、NSA が VPN を破る際に利用したものかもしれない~ジョンズホプキンス大の暗号研究者が指摘した、「FREAK」に似たバグ(The Register)

「この攻撃は、DHE_EXPORT 暗号をサポートする全てのサーバと、近代的な全てのウェブブラウザに影響を与える。『Top 1 Million』のドメインの 8.4%は、もとより脆弱だ」と、Green は Logjam のサイトに記している。

SHA-1 暗号ハッシュ関数のリタイアにおける問題点~いまだに Windows XP や古い Android を利用しているような人々は、あてにならない(The Register) 画像
TheRegister

SHA-1 暗号ハッシュ関数のリタイアにおける問題点~いまだに Windows XP や古い Android を利用しているような人々は、あてにならない(The Register)

さらに Munro は、以下のように付け加えている。「世の中には、SHA-2 を受け入れそうにないシステムが溢れている。SCADA や、その他の産業用制御システム用のウェブインターフェイスはどうなるだろう?」

  1. 先頭
  2. 10
  3. 22
  4. 23
  5. 24
  6. 25
  7. 26
  8. 27
  9. 28
  10. 29
  11. 30
  12. 31
  13. 32
  14. 40
  15. 50
  16. 最後
Page 27 of 343
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×