未承認端末の検出・即時遮断製品と「Firebox」を連携(ウォッチガード、SecuLynx) | ScanNetSecurity
2022.01.23(日)

未承認端末の検出・即時遮断製品と「Firebox」を連携(ウォッチガード、SecuLynx)

ウォッチガードとSecuLynxは、両社の製品を連携させた情報セキュリティの包括的な新ソリューションを共同で開発したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)とSecuLynx株式会社は9月16日、両社の製品を連携させた情報セキュリティの包括的な新ソリューションを共同で開発したと発表した。同ソリューションは、SecuLynxの不正機器接続防止製品「IntraPOLICE II」のバージョンアップの一環として、10月15日から提供開始する予定だという。

SecuLynxのIntraPOLICE IIは、機密情報漏えい対策の基本となる、未承認端末(不正機器)の検出と即時遮断を行う製品で、セグメントごとに設置するアプライアンス(センサ)と、センサを管理するソフトウェア(マネージャ)で構成される。ウォッチガードの企業内ゲートウェイとなる次世代ファイアウォール「Firebox」と連携することで、未知のマルウェアに感染した端末の特定および遮断の高速化と自動化を実現し、二次感染による被害拡大や情報漏えいのリスクを低減できるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×