「Twitter」上における嫌がらせ防止機能を強化(Twitter) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.02.23(木)

「Twitter」上における嫌がらせ防止機能を強化(Twitter)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 Twitterは現地時間15日、同社が運営している「Twitter」上における嫌がらせ防止機能を強化すると発表した。

 同サービスでは、すでに閲覧したくないアカウントからのツイートを非表示にする「ミュート」機能が提供されているが、これを通知にも拡大することで、目にしたくないキーワードやフレーズ、また場合によっては、会話まるごとをミュートできるようになる。

 報告機能にも変更を加える。同サービス上の嫌がらせに関するポリシーでは、攻撃的な行為として人種、民族、出身地、性的指向、性別、性同一性、信仰している宗教、年齢、障碍、疾病などを理由とした他のユーザーへの攻撃が禁じられているが、今後はこれらのポリシーへの違反を、より直接的に報告できるよう工夫するという。特に文化や歴史的背景が関係する嫌がらせについては、同社サポートチームへのトレーニングを定期的に行ったり、社内のツールやシステムを継続的に改善したりすることで、より迅速で明確な処理が行えるようにするとのことだ。

 今回の件を含め、インターネット上での嫌がらせというのは、なかなかなくなるものではない。自他ともに、顔が見えないからこそ、普段直接は言わないようなことを言葉にしてしまうのかもしれないが、こうした制度や規制面だけでなく、インターネットユーザーである我々一人ひとりが、自身の発言によって傷ついてしまう人がいるかもしれないことをしっかりと考えた上で、こうしたサービスを利用していく必要がある。

Twitter、「嫌がらせ」ツイートへの対応を強化!「ミュート」機能の拡大など

《Tsujimura@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 産業サイバーセキュリティセンター発足、受講300万円の教育プログラムに30社参加表明(IPA)

    産業サイバーセキュリティセンター発足、受講300万円の教育プログラムに30社参加表明(IPA)

  2. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  3. 新たに3製品を発表、人工知能により既知および未知の脅威を検出(ウェブルート)

    新たに3製品を発表、人工知能により既知および未知の脅威を検出(ウェブルート)

  4. 漫画を交えて解説、スマートフォンのセキュリティハンドブックを無償提供(トレンドマイクロ)

  5. 脅威の検知から自動初期対応、フォレンジックにも対応するエンドポイント製品(CTC)

  6. ユーザのふるまいを自動学習し異常を検知する「Exabeam」の取扱いを開始(マクニカネットワークス)

  7. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  8. グループ社員を対象にオンラインCTFを開催、SECCONでも初心者向けCTF開催(NEC)

  9. アカマイとの連携強化により、JSOCを統合したMSSを提供へ(ラック)

  10. 内製化に向けた脆弱性診断のトレーニングコースを開始、講師は上野宣氏(BSIグループジャパン)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×