News from AvePoint 第6回 「IoT 時代とプライバシー保護の行方」

2016年3月28日(月) 11時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ダナ・ルイーズ・シンバーコフ (AvePoint, Inc. Chief Compliance and Risk Officer)の画像
ダナ・ルイーズ・シンバーコフ (AvePoint, Inc. Chief Compliance and Risk Officer)
サムスンから、食料品を自動的にオーダーしてくれる冷蔵庫 が発売になるそうです。Google は、スマート サーモスタットを制作する会社である Nest を 2014 年に買収しました。さらに一部の道路では、センサーを活用して道路の混雑状況を配信 するシステムも導入され、混雑の場合は GPS が別ルートに誘導してくれるというサービスも開始されています。

これらのデバイスはすべてインターネットに接続する機能を備えており、消費者向けテクノロジー業界で 「モノのインターネット」 (Internet of Things, IoT) と呼ばれる市場を形成しています。

●あなたを監視しているのは誰 (何)?

IoT の公式定義はまだ存在しませんが、連邦取引委員会 (FTC) が 2015 年 1 月のレポートの中で使用した定義は、よくできていると思います。FTC レポートの中では、IoT は 「デバイスもしくはセンサーのついた機器 (コンピューター、スマートフォン、タブレットは除く) で、インターネットを介して相互通信をするか、もしくは情報を発信するもの」 と定義されています。

6 年前、インターネットに接続している物品・機器の数が、人間の数を初めて上回りました。このように、時代は大きく変化しつつあるのですが、このトレンドはまだ始まったばかりともいえます。

Cisco のインターネット ビジネス ソリューション グループの Dave Evans によると、現在、世界には 250 億台の IoT 機器があり、2020 年までにはこれが 500 億台に増える見込みとなっているそうです。

たくさんの人々がこのような機器を身に付け、一挙手一投足に至るまで、データを提供しています。これらのインターネットに接続したヘルス チェック機器、車、アプライアンスなどは、情報を収集するばかりでなく、ユーザーのデータを発信、保存し、場合によっては共有します。場合によっては、このようなユーザーのデータは高度に個人的なものとなることもあります。

《ダナ・ルイーズ・シンバーコフ (AvePoint, Inc. Chief Compliance and Risk Officer)》

注目ニュース

icon
News from AvePoint 第5回 「クラウド移行前に考えておきたい3つのポイント」

クラウドへデータを移行する際のリスクについて改めて考えてみましょう。クラウド上に保存された自社コンテンツのセキュリティについて、クラウド プロバイダーとどのように連携を取ればよいのかというヒントは数...

icon
News from AvePoint 第4回 「ビッグデータとプライバシー保護の共存のために」

Facebookで何に 「いいね!」 を押したかなどの個人の 「小さな」 データの収集はなぜ問題になるのでしょうか?消費者が、自分自身に関する情報を共有したければ共有でき、自分の情報の利用方法を自分で決定できる...

icon
News from AvePoint 第3回 「メタデータが社内の使途不明情報の山を資産に変える」

情報流出のリスクを抑制し、データに対する適切なレベルの保護を実行するには何が必要でしょうか?組織が保持しているデータを区分し、どのようなデータを誰から守るべきかについて、論理的な境界線を引くことが...

icon
News from AvePoint 第2回 「社員に抜け道を作らせないコンプライアンスのルール作り」

機密がどこにあるか検知する方法として、データ分類という対策を考えてみましょう。情報を 「社外公開可能」「内部向け」「秘密」「最高機密」 などに分類する方法です。そして、まさにここから、システムが機能...

icon
News from AvePoint 第1回 「情シス・コンプライアンス担当者 2016年 10のチェックリスト」

セキュリティの問題にしっかりと取り組むには、何から始めればよいのでしょうか? とても 1 つに絞ることはできません。以下に示す 10 項目は、2016 年の情勢を予測した上で重要だと考えられる 「今年こそ取り組み...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト