SLA付きのインシデントレスポンス対応の最適化サービス(シマンテック)

2016年3月24日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社シマンテックは3月23日、「シマンテック インシデントレスポンス リテーナーサービス」を日本において新たに提供を開始したと発表した。同サービスは、セキュリティインシデントの影響の最小化を目的に、既存のインシデントレスポンスプロセスを評価、整理し、顧客の中で改めて実施するべき対応プロセス、事前に準備するべき対応策を認識することで、事後対処型のアプローチから未然防止型のアプローチへの移行を促すというもの。

サービス保証(SLA)付きのオンサイトおよびリモートレスポンスサービスを全世界で展開することが特徴で、プリペイド時間内で必要に応じてシマンテックのインシデントレスポンス専門チームやプロアクティブレディネスサービスを利用可能となっている。同サービスにより、顧客はインシデントレスポンス時間の短縮、レスポンス費用の削減、全体的なセキュリティ対策の効果向上など、セキュリティを考える上で必要なプロセスを継続的に正しく運用できるサイクルを実現できるとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
攻撃元などのインテリジェンスを提供する新サービス、個別レポートも(シマンテック)

シマンテックは、攻撃元情報の提供を行う新サービス「DeepSight Intelligence services」を日本において提供を開始したと発表した。

icon
クリックしていないのにアダルトサイトに登録させる「ゼロクリック詐欺」(シマンテック)

シマンテックは、クリックを必要とせずに、訪問者を勝手にアダルトサイトに「登録」させてしまうWebサイトが登場したと、同社ブログで発表した。

icon
拡大するネット犯罪被害、日本の1人当たりの被害額は2万8千円(シマンテック)

シマンテックは、消費者調査「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート」を公開した。

icon
さらに軽量、高速化された「ノートン」シリーズの最新版(シマンテック)

シマンテックは、個人向けセキュリティ対策ソフト「ノートン セキュリティ」の最新版の提供を開始したと発表した。

icon
[インタビュー]シマンテック 七戸 駿氏に聞く、「クラウディオメガ」と年金機構のインシデントから得られるリスクコントロールの考え方

日本年金機構の情報漏えいインシデントは、約125万件の基礎年金番号等が漏えいしたという点や、政府組織が標的となったという点で大きなインパクトを残した。今回の一連の攻撃手法「クラウディオメガ」の名づけ親...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト