2016.07.30(土)

1万円の罰金を要求する日本語表示に対応したAndroid版ランサムウェアが国内に流入(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

 パソコンの中のデータを勝手に暗号化し、「元に戻したいなら身代金を払え」と要求するウイルス「ランサムウェア」。ここ数年国内でも何度か話題となっていたが、ついにスマホでも初確認された。

 トレンドマイクロによると、Android版ランサムウェア「AndroidOS_Locker」が国内に流入していることが、この3月に確認された。「AndroidOS_Locker」は、Androidのランサムウェアとしては、初めて日本語表示に対応しており、法務省(MINISTRY OF JUSTICE)を騙り身代金を要求してくるという。「AndroidOS_Locker」は、暗号化は行わず、スマホを操作不能にして人質にする「端末ロック型ランサムウェア」となっている。このランサムウェアは1万円の「罰金」を、iTunesギフトカードで支払うよう要求してくる。

 支払いを要求する画面では、ユーザーが犯罪者であるかのように、端末のキャリアやIPなどの情報も表示してくる。これはワンクリック詐欺でも見られる、典型的なやりくちだ。一方で「残り時間は、罰金を支払います」などの不自然な表現が残っており、自動翻訳などを使って、日本語に対応した様子がうかがえる。

 このランサムウェアが、どのようにして拡散しているのかは、現在のところ不明だ。ただ、「System Update」というアプリに見せかけて、「Google Play」以外でアプリを配布していると推定されている。「System Update」として、さまざまな権限を要求するメッセージに要注意だ。

 「AndroidOS_Locker」は、海外でも流通しており、たとえばアメリカでは「CYBER POLICE」を名乗りアメリカ国旗を表示するなど、表示を切り替えるとのこと。なお、ランサムウェアに感染した場合、Androidをセーフモードで起動することで、ランサムウェアの起動を抑止し、アンインストール可能になる場合があるようだ。

スマホを人質に日本語で脅迫するランサムウェア、ついに国内初登場

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

    政府が「ポケモンGO」に関する注意喚起を発表、9つの注意点を記載(NISC)

  2. Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

    Vプリカを騙るメールに注意喚起、本文に再び“流失”の表記(フィッシング対策協議会)

  3. 「Apache Struts 1」利用に早急な切り替えを呼びかけ--JVN登録状況(IPA)

    「Apache Struts 1」利用に早急な切り替えを呼びかけ--JVN登録状況(IPA)

  4. GNU Wget においてファイル名検証不備により任意のファイルがダウンロードさせられてしまう脆弱性

  5. テレビ会議システム「LifeSize Room」に複数の脆弱性(JVN)

  6. Ruby on Rails において Render メソッドの実装不備により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  7. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  8. 復活した「Locky」の標的は日本?! ランサムウェア最新情報まとめ

  9. Microsoft Windows の Win32k.sys ドライバの実装に起因する整数オーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  10. NAS用OS「QNAP QTS」におけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性(ラック)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×