2016.10.01(土)

1万円の罰金を要求する日本語表示に対応したAndroid版ランサムウェアが国内に流入(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

 パソコンの中のデータを勝手に暗号化し、「元に戻したいなら身代金を払え」と要求するウイルス「ランサムウェア」。ここ数年国内でも何度か話題となっていたが、ついにスマホでも初確認された。

 トレンドマイクロによると、Android版ランサムウェア「AndroidOS_Locker」が国内に流入していることが、この3月に確認された。「AndroidOS_Locker」は、Androidのランサムウェアとしては、初めて日本語表示に対応しており、法務省(MINISTRY OF JUSTICE)を騙り身代金を要求してくるという。「AndroidOS_Locker」は、暗号化は行わず、スマホを操作不能にして人質にする「端末ロック型ランサムウェア」となっている。このランサムウェアは1万円の「罰金」を、iTunesギフトカードで支払うよう要求してくる。

 支払いを要求する画面では、ユーザーが犯罪者であるかのように、端末のキャリアやIPなどの情報も表示してくる。これはワンクリック詐欺でも見られる、典型的なやりくちだ。一方で「残り時間は、罰金を支払います」などの不自然な表現が残っており、自動翻訳などを使って、日本語に対応した様子がうかがえる。

 このランサムウェアが、どのようにして拡散しているのかは、現在のところ不明だ。ただ、「System Update」というアプリに見せかけて、「Google Play」以外でアプリを配布していると推定されている。「System Update」として、さまざまな権限を要求するメッセージに要注意だ。

 「AndroidOS_Locker」は、海外でも流通しており、たとえばアメリカでは「CYBER POLICE」を名乗りアメリカ国旗を表示するなど、表示を切り替えるとのこと。なお、ランサムウェアに感染した場合、Androidをセーフモードで起動することで、ランサムウェアの起動を抑止し、アンインストール可能になる場合があるようだ。

スマホを人質に日本語で脅迫するランサムウェア、ついに国内初登場

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. Webサイトの脆弱性検査に有効な5種の無償ツールを紹介、活用例も提案(IPA)

    Webサイトの脆弱性検査に有効な5種の無償ツールを紹介、活用例も提案(IPA)

  2. IoTデバイスの乗っ取りが急増、「root」「admin」の組み合わせは変更を(シマンテック)

    IoTデバイスの乗っ取りが急増、「root」「admin」の組み合わせは変更を(シマンテック)

  3. 複数回のDDoS攻撃により「オーバーウォッチ」のサーバー接続が不安定に(Blizzard Entertainment)

    複数回のDDoS攻撃により「オーバーウォッチ」のサーバー接続が不安定に(Blizzard Entertainment)

  4. 「OpenSSL」がアップデートを公開、重要度「高」の脆弱性も(JVN)

  5. 「ウイルスに感染した」という偽の表示を判断できるチャートを公開(IPA)

  6. 数分で目的を達成する、洗練されたマルウェア攻撃も確認--四半期レポート(ウェブルート)

  7. あるランサムウェアの開発者と配布者、半年で約94億円を稼ぎ出す(マカフィー)

  8. BIND 9.xに、パケットひとつでDNSサービスが停止する脆弱性(JPRS)

  9. 「OpenSSL」が重要度「高」「中」2件の脆弱性に対応するアップデート(JVN)

  10. Drupal の Coder モジュールにおける遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  11. 「Joomla!」の脆弱性を悪用したWebサイト改ざんに注意を呼びかけ(JPCERT/CC)

  12. 警察庁が上半期レポート、「Apache Struts 2」「PLC」「IP電話」へのアクセス目立つ(警察庁)

  13. 「macOS」「Safari」などに複数の脆弱性、アップデートの適用を呼びかけ(JVN)

  14. 攻撃者はコストをかけてフィッシングの罠、10代でも10万円以上の高額被害(BBソフトサービス)

  15. 少人数による攻撃でも深刻な影響を与える「Slow HTTP DoS Attack」を把握(警察庁)

  16. Androidアプリ「マネーフォワード」に複数の脆弱性(JVN)

  17. 「ウイルスバスター」に、マルウェアの検出を回避される脆弱性(JVN)

  18. CMS「Geeklog IVYWE版」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN)

  19. ヘルプデスクソフト「ManageEngine ServiceDesk Plus 」に複数の脆弱性(JVN)

  20. Microsoft Windows の Secondary Logon サービスにおいて要求ハンドルの取り扱い不備により高い権限で任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★10月7日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★10月7日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×