南海トラフ地震への身近な備えについて楽しみながら学ぶ「防災・減災体験型イベント」を開催(全労済大阪府本部)

2016年3月17日(木) 13時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

南海トラフ地震に備えて…子ども体験ほか枚方防災イベント3/19

全労済の画像
全労済
ブース一覧の画像
ブース一覧
 全労済大阪府本部は3月19日、枚方市市民会館で「防災・減災体験型イベント」を開催する。防災意識を高めるためにさまざまな体験ブースを設置し、子育て世代にも役立つ情報や、子どもと一緒に体験できるブースも用意する。参加は無料。

 「防災・減災体験型イベント」は、発生が懸念されている南海トラフ地震への身近な備えについて、多くの人に知ってもらうために開催される。防災・減災の3つの視点である「備える」「守る」「再建する」ことの必要性を楽しみながら学ぶことができる。子育て世代にも役立つ情報を知ることができるほか、子どもと一緒に体験できるブースや子どものおもちゃ作りを体験するコーナーも設置されるため、子どもと一緒に家族で気軽に立ち寄ってほしいという。

 散乱ガラスの上を歩く体験では、危険な状況の室内で活躍する新聞紙スリッパの作り方を親子で学ぶことができる。ほかにも、段ボールで寝床を作る体験や地震体験車による地震体験、水消火器を使用した消火器使用体験など、災害時の避難生活に役立つ情報や技術を身につけられる体験ブースが用意されている。

◆全労済大阪府本部「防災・減災体験型イベント」
開催日時:3月19日(土)10:00~16:00
開催場所:枚方市市民会館(大阪府枚方市岡東町8-33)
アクセス:京阪電鉄「枚方市駅」下車、徒歩約3分(枚方市役所北側)
参加費:無料
《外岡紘代@リセマム》

注目ニュース

icon
南海トラフ巨大地震の発生に備え「20万人市民 いたみまるごと防災訓練」を開催(兵庫県伊丹市)

 兵庫県伊丹市は24日、南海トラフ巨大地震の発生に備え、全市民が参加して市の防災力を強化することを目標にした「20万人市民 いたみまるごと防災訓練」を開催した。

icon
南海トラフ巨大地震を想定した災害対策を完了、想定被災エリアの約96%の通信可能に(NTTドコモ関西支社)

 NTTドコモ関西支社は23日、南海トラフ巨大地震を想定した災害対策を、20日に完了したことを発表した。

icon
南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備え、救援物資の保管などで府県が倉庫事業者の協力を求める協定が近畿2府4県で締結(国土交通省神戸運輸監理部、近畿運輸局)

国土交通省神戸運輸監理部と近畿運輸局は、南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備え、災害時に救援物資の保管などで府県が倉庫事業者の協力を求める協定が近畿2府4県すべてで締結されたと発表した。

icon
緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」に安否確認機能を追加(アールシーソリューション)

 5年前の東日本大震災のとき、TwitterをはじめとするSNSが大きく活躍した。スマートフォンの普及期に重なったこともあり、以降もSNS利用者は増加しているが、「地震速報アプリ」「家族との連絡のためのアプリ」...

icon
基地局に設置した監視カメラから津波の被災状況を監視(NTTドコモ)

 NTTドコモは、地震科学探査機構(JESEA)が研究する地殻変動から地震の場所と時期を予測する「地震予測システム」の実証実験への協力と、基地局に設置した監視カメラから津波の被災状況を監視する「津波監視シ...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト