2016.07.26(火)

CTF開催、SOCオペレータとしてRSA製品を用いインシデントに迫る(EMCジャパン)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

EMCジャパン株式会社は2月23日、同社川崎ラボラトリのトレーニングルームにおいてRSAサイバーセキュリティワークショップ「Capture The Flag Workshop」を開催した。このワークショップは2015年3月、9月に続き3回目の開催となるもの。今回初めて、一般社団法人 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)が後援している。

同社RSA事業本部 マーケティング部の部長である水村明博氏によると、ワークショップの最大の目的はサイバーセキュリティ技術者の育成であり、そのために「Capture The Flag(CTF)」という名前がついているが一般的なサーバの攻守ではなく、通信パケットに隠されたインシデントを発見し原因を突き止め、対処するまでの技術を競うものとなっているという。CTFというよりSOCのシミュレーションという感じだ。

《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

    サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

  2. 東大生を対象とした「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」を実施(DTRS)

    東大生を対象とした「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」を実施(DTRS)

  3. ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

    ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

  4. サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

  5. [レポート] インシデントレスポンスの初動から終息までのフロー ~ Trend Micro DIRECTION

  6. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  7. テンキーやICカードと指静脈を組み合わせた2要素認証によるハイセキュリティな入退室管理も可能に(日立産業制御ソリューションズ)

  8. 「金融分野における情報セキュリティ技術の最新動向と今後の方向性」 他(セミナー情報)

  9. 「SECCON 2016」九州大会は、大会初のIoTをテーマとしたCTF(SECCON 2016実行委員会、JNSA)

  10. [速報] SECCON 2013 CTF、学生チーム「0x0」が連続優勝

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×