2016.07.30(土)

戦略的な対処が可能なボット管理ソリューション(アカマイ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は3月15日、ボット検知・緩和ソリューション「Akamai Bot Manager」を発表した。同製品により、サイトを攻撃しているボットトラフィックのタイプをより効率的に識別し、把握することが可能になるほか、改善機能によりボットに対する最適な対処を実施し、ボットトラフィックがビジネスとITに与えるプラスおよびマイナス両方の影響を、より適切で戦略的に制御できるようになるとしている。

複数の包括的なリアルタイムの検出手段によって、新種や未知のボットを検出できるほか、カスタムカテゴリーや事前定義カテゴリーに独自の管理ポリシーを適用することで、さまざまなボットトラフィックをより適切に管理できる。また、単なるブロックだけでなく、ボットトラフィックの減速や遅延、代替コンテンツの提供、代替オリジンサーバーへのリダイレクト、またはボットトラフィックの特性に応じた個別対処ができるため、ビジネス上のメリットを損なうことなく、ボットによるマイナスの影響を緩和できるとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

    Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  2. Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

    Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

  3. WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

    WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

  4. マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した本人確認ソリューションを提供開始(NTTデータ)

  5. IoTに関わる事業者を対象にIoTセキュリティ専門情報サイトを公開(トレンドマイクロ)

  6. 次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

  7. 「ウイルスバスター クラウド 10」パッケージ版を店頭発売(トレンドマイクロ)

  8. 「CipherCraft/Mail」新バージョン、人間工学に基づき誤送信を防止(NTTソフトウェア)

  9. メール無害化機能を搭載した「FortiMail」で自治体向けソリューション提供(フォーティネットジャパン)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×