2016.06.27(月)

4年前に比べ家や家具に対する災害対策の意識が低下、「減災調査2016」の結果を発表(ウェザーニューズ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

ウェザーニューズは、減災・避難活動での対策・対処の一助とするため、減災に対する意識や対策の状況を調査する「減災調査2016」を実施し、結果を発表した。

調査は、2月25日から28日にかけてスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やスマホ向けwebサイト「ウェザーニュース」、携帯サイトで実施し、2万3943人から寄せられた回答を集計した。

調査結果によると、東日本大震災から5年が経ち、被害が大きかった地域と被害のなかった地域で、「現地の今」の認識に大きな差が生じていることが明らかになった。

被害が大きかった地域の人の8割が震災前あるいは、ほぼ震災前の生活まで戻っていると感じているのに対し、被害が小さかった地域の人で、被災地の生活が戻ったと想像している人は4割にとどまった。

報道機関等が伝える震災当時の様子が、現地の今よりも印象深く心に残っているためと見られる。

被害が大きかった地域の人の1割は、震災前とあまり変わらないと感じているという実態もわかった。被害が大きかった地域の中にも実態に差があり、その差は非常に大きい模様。

震災の記憶は5年でどう変化しているのか調べるため、「震災で印象に一番残っているもの」を津波・地震の揺れ・帰宅困難・ライフラインの途絶・液状化・その他から選択してもらった。津波が57%、地震の揺れが23%、帰宅困難が9%、ライフラインの途絶が7%、液状化が1%、その他が3%だった。

また、災害時における情報入手の方法は、東北と北関東はラジオ、南関東と中部はテレビと回答した人が多く、地域によって明確な違いが見られた。地震による停電や電波が繋がりにくかった経験が、5年経った今も教訓として活きている模様。

家や家具に災害対策は実施状況を聞いたところ、「している」が49%で、「していない」が51%となった。4年前と昨年にも同様の調査を行ったが、今回初めて対策を「していない」人の割合が多くなり、家や家具に対する災害対策の意識が低下している。

ウェザーニューズ、減災意識調査…被災した現地との認識に差

《レスポンス編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

    最新のOWASPアプリケーションセキュリティ検証標準の翻訳版を公開(JPCERT/CC)

  2. デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

    デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

  3. 2016年第1四半期および2015年度のインシデント傾向を発表(ラック)

    2016年第1四半期および2015年度のインシデント傾向を発表(ラック)

  4. 安全に見えるアプリを連携させることで複合的な攻撃を行うケースを確認(マカフィー)

  5. 「Censys」の利用方法などを解説した改訂版を公開--テクニカルウォッチ(IPA)

  6. 「Emdivi」の分析結果の詳細レポートを公開(マクニカネットワークス)

  7. 2014年の個人情報漏えい、1件の大規模漏えいで人数、損害賠償額が大幅増(JNSA)

  8. 柔軟性の高いサイバーレンジシステムを九州大学が導入(NTTデータ先端技術)

  9. 日本企業の平均セキュリティ投資額は2.1億円でグローバルの半分(PwC)

  10. 不正コピーされたソフトウェアの使用率、日本は18%と微減(BSA)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×