2016.07.02(土)

悪質サイト警告機能やプライバシーレポート機能を備えた「Yahoo!スマホセキュリティ」の提供を開始(ヤフー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 サイバー犯罪者の標的がパソコンからスマホに移行し、スマホにも必須となってきたセキュリティアプリ。基本的な検出機能だけであれば、ノートンやMcAfee、ウイルスバスターなどの有名メーカーの製品アプリが無料で利用できる。

 そんななか、ヤフーも先週より「Yahoo!スマホセキュリティ」の提供を開始した。スキャンボタンを押すだけで、端末内のアプリに脅威があるかチェックができる「スキャン機能」、アプリをインストール・アップデートした時にスキャンを行う「リアルタイムスキャン機能」を搭載している。

 これに加え、“不当請求サイト”“個人情報流出サイト”など、ネット上の危険サイトにアクセスした際に警告する「悪質サイト警告機能」、どのアプリがどんな個人情報にアクセスしているかを一覧できる「プライバシーレポート機能」も用意されている。「悪質サイト警告機能」は、Android標準ブラウザのほか、Google Chrome、Yahoo!ブラウザ、サムスン電子製標準ブラウザに対応する。

 セキュリティアプリとしての基本機能はもちろん、「悪質サイト警告機能」「プライバシーレポート機能」は、あまり他アプリで見かけない機能なので、使ってみたいというユーザーも多いだろう。

 利用にはYahoo! JAPAN ID(無料)でのログインが必要。ログインしない場合はトライアルとして15日間だけ利用可能。Android OS 4.0.3以上に対応する。

ヤフー、無料アプリ「Yahoo!スマホセキュリティ」公開

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. IoTシステムの安全・安心な運用に向けて協業(ウェブルート、アドソル日進)

    IoTシステムの安全・安心な運用に向けて協業(ウェブルート、アドソル日進)

  3. マルウェア対策も強化されたWindows 10向け大型アップデートを8月2日より提供開始(米マイクロソフト)

    マルウェア対策も強化されたWindows 10向け大型アップデートを8月2日より提供開始(米マイクロソフト)

  4. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  5. 調査結果、原発事故や放射能への不安は文系・低所得層ほど拡大(慶應義塾大学)

  6. シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

  7. 【エンジニア女子 Vol.13】ゴルフ用品専門フリマアプリを開発……ギークス 村田千紘さん

  8. 国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」を2016年4月より実施(IPA)

  9. 不正送金の可能性が高いときのみ認証を求めるトランザクション署名を追加(EMCジャパン)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×