2016.07.26(火)

悪質サイト警告機能やプライバシーレポート機能を備えた「Yahoo!スマホセキュリティ」の提供を開始(ヤフー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 サイバー犯罪者の標的がパソコンからスマホに移行し、スマホにも必須となってきたセキュリティアプリ。基本的な検出機能だけであれば、ノートンやMcAfee、ウイルスバスターなどの有名メーカーの製品アプリが無料で利用できる。

 そんななか、ヤフーも先週より「Yahoo!スマホセキュリティ」の提供を開始した。スキャンボタンを押すだけで、端末内のアプリに脅威があるかチェックができる「スキャン機能」、アプリをインストール・アップデートした時にスキャンを行う「リアルタイムスキャン機能」を搭載している。

 これに加え、“不当請求サイト”“個人情報流出サイト”など、ネット上の危険サイトにアクセスした際に警告する「悪質サイト警告機能」、どのアプリがどんな個人情報にアクセスしているかを一覧できる「プライバシーレポート機能」も用意されている。「悪質サイト警告機能」は、Android標準ブラウザのほか、Google Chrome、Yahoo!ブラウザ、サムスン電子製標準ブラウザに対応する。

 セキュリティアプリとしての基本機能はもちろん、「悪質サイト警告機能」「プライバシーレポート機能」は、あまり他アプリで見かけない機能なので、使ってみたいというユーザーも多いだろう。

 利用にはYahoo! JAPAN ID(無料)でのログインが必要。ログインしない場合はトライアルとして15日間だけ利用可能。Android OS 4.0.3以上に対応する。

ヤフー、無料アプリ「Yahoo!スマホセキュリティ」公開

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  2. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

    八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

  3. 人工知能を活用したアルゴリズムで未知の脅威の検知・駆除・追跡を実現(MOTEX)

    人工知能を活用したアルゴリズムで未知の脅威の検知・駆除・追跡を実現(MOTEX)

  4. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  5. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  6. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  7. アライドテレシスのUTM&VPNルータに、ラックの「脅威情報リスト」を提供(ラック)

  8. Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

  9. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  10. サンドボックス機能を導入したエンドポイントセキュリティサービス(エフセキュア、ソフトバンク)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×