「一部ユーザー」がネットワーク支障の恐れがある異常な利用、当該ユーザーへ法的措置も(FREETEL) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.02.21(火)

「一部ユーザー」がネットワーク支障の恐れがある異常な利用、当該ユーザーへ法的措置も(FREETEL)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 昨日9日に、新プロダクト/新展開の発表会を行ったFREETEL(プラスワン・マーケティング)。新端末「MUSASHI」のほか、かけ放題アプリ「FREETELでんわ」、LINEなどのデータ通信料が0円となる新サービスなどが発表されたが、同日に気になるリリースも発表されている。

 それによると、「一部ユーザー」が同社のネットワークに支障が出る恐れのある利用を行っているという。この影響で、「一部のサイト」からのダウンロードがこの10日間、非常に遅くなっているとのこと。8日夕方からはさらに遅くなっている模様で、同社では、当該ユーザーに対し、「警告」「利用の停止」「法的措置」をとるとしている。

 モバイル通信のヘビーユーザーが大容量のデータやりとりを行ったとしても、通常は通信制限が行われるのみで、「法的措置」といった強い対処には至らないし、その正当性は主張しにくいだろう。また、同社では設備拡張による速度増加を随時行っており、とくに3月は2回の増速を実施するとしているが、それでも追いつかないほどの「異常な利用」(かつ法に触れる行為)ということになる。

 これについてネットでは、同社が提供している「FREETEL SIM for iPhone」の過剰利用ではないかと予想されている。「FREETEL SIM for iPhone」は、AppStoreからのダウンロード時のみ、パケット料金が無料になるSIMカードだ。そのため、「一部のサイト」という同社のリリースにも符合する。

 ではそのような“過度のAppStoreからのダウンロード”が起こる理由としてはなにが考えられるか。1つは、「アプリのダウンロードを繰り返し、人気のあるアプリに見せかけるという、業者の仕業」。もう1つは、「より良いキャラやアイテムが出るまで、ゲームのインストールと削除をくり返す、いわゆる“リセットマラソン”」の2つだ。どちらも大きく帯域を消費するが、法的措置という言葉からは、前者の可能性が高い。

 FREETELからの詳細発表が行われるかは現在未定だが、続報に期待したい。

「一部ユーザーの異常な利用」とは? FREETELが法的措置へ

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 産業サイバーセキュリティセンター発足、受講300万円の教育プログラムに30社参加表明(IPA)

    産業サイバーセキュリティセンター発足、受講300万円の教育プログラムに30社参加表明(IPA)

  2. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  3. 標的型攻撃対策ソフト「FFRI yarai」新版を提供、製品名も社名と統一(FFRI)

    標的型攻撃対策ソフト「FFRI yarai」新版を提供、製品名も社名と統一(FFRI)

  4. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  5. 最近発見された4種類のランサムウェアに対応する復号化ツールを無償提供(Avast Software)

  6. 新たに3製品を発表、人工知能により既知および未知の脅威を検出(ウェブルート)

  7. 漫画を交えて解説、スマートフォンのセキュリティハンドブックを無償提供(トレンドマイクロ)

  8. 脅威の検知から自動初期対応、フォレンジックにも対応するエンドポイント製品(CTC)

  9. ユーザのふるまいを自動学習し異常を検知する「Exabeam」の取扱いを開始(マクニカネットワークス)

  10. グループ社員を対象にオンラインCTFを開催、SECCONでも初心者向けCTF開催(NEC)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×