2016.08.29(月)

アジア最大規模の統合セキュリティ展示会、SECON 2016開催

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

3月16日から18日、韓国ソウル市郊外の一山「KINTEX」で、アジア最大規模の統合セキュリティ会議・展示会「SECON2016」が開催される。

約400企業、900ブース以上の、韓国を中心とした先端セキュリティ装備及び情報セキュリティソリューション展示が行われる他、全13トラック100超のセッションで様々なセキュリティ問題に対する活発な論議が行われ、参加者はおよそ4万7,000人に上る見込。

韓国のエスワン社による映像管制システム「SVMS」など、CCTVなどを利用した保安管理製品の展示が特に充実している他、SECON 2016と同時開催される「eGISEC 2016(第5回電子政府ソリューションフェア)」では、UN評価3回連続1位に選ばれた韓国の電子政府ソリューション、及び情報保護ソリューションを直接体験できるデモが行われる。

また、韓国インターネット振興院(KISA)と韓国電子通信研究院(ETRI)がサイバーセキュリティ強化のために開発したR&D成果物などを展示したり、ロッテ情報通信、ナイス評価情報、イグルーセキュリティなどが個人情報保護及びハッキング防止ソリューションを大量出品しており、サイバーセキュリティ先進国である韓国の情報化及び情報保護のレベルを確認することができる。

展示場の内部には「ハッキング体験館」が設けられ、無線信号のハッキングにより、ドローンで撮影した映像や写真窃取し、ドローンのコントロールを奪うなどのデモが紹介される。また、家電製品に対するIoTハッキングも実演される予定。

政府職員とソウル市職員向けのセキュリティ強化ワークショップや、航空や自動車産業向けのシンポジウム開催など、セキュリティ分野の民・官・産・学の関係者が結集する。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち

    Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち

  2. 自動化された攻防戦 「CGC」 が 2 億円の賞金以上に与えたインパクト

    自動化された攻防戦 「CGC」 が 2 億円の賞金以上に与えたインパクト

  3. Black Hat USA 2016 , DEFCON 24 を 128 倍楽しむ方法

    Black Hat USA 2016 , DEFCON 24 を 128 倍楽しむ方法

  4. [レポート] セキュリティに賭するもの ~ インターポール 福森大喜氏 セキュリティ・キャンプ2016 特別講義

  5. [インタビュー] 鵜飼裕司 今年の Black Hat USA 2016 注目 Briefings

  6. プライバシーに配慮したセキュアな位置情報確認アプリを防災訓練の見える化に活用(サイバートラスト、ユビキタス)

  7. 決勝戦はプラハ、セキュリティ人材育成コンテスト優勝者に教育資金1万ドル(カスペルスキー)

  8. [DEF CON 22 レポート] binja DEFCON22 CTF参戦レポート

  9. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  10. CODE BLUE 2015 セッションレポート 第2回 「さまざまな事例から見る、諜報機関のフィクションによる印象操作(リチャード・シーム氏)」

  11. [Black Hat USA 2015] 来場者の女性が言われる言葉 ~ ジェンダーをテーマとした初のパネルが開催

  12. 垣根を越えてセキュリティを語り尽くす、山口英氏追悼カンファレンス開催(SGR2016実行委員会)

  13. [Black Hat USA 2014 レポート] 標的型攻撃実証ツールをBlack Hat USA 2014で公開、マクニカネットワークス セキュリティ研究センター 凌研究員

  14. サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

  15. [RSA Conference 2016 USA] EDR (Endpoint Detection and Response)とは? ~ タニウム社 チーフセキュリティアーキテクトに聞く

  16. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  17. 「Windows 10 Anniversary Update」でアプリやWebでも生体認証が利用可能に(マイクロソフト)

  18. 新種のマルウェアを用いて既存のアンチウイルス製品の検知率を測定(MOTEX、米Cylance Inc.)

  19. 東大生を対象とした「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」を実施(DTRS)

  20. [DEF CON 23] 正しい標的型攻撃メール訓練の運用法、ソーシャルエンジニアリングの国際的権威クリス・ハドナジーに聞く

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×