2016.07.01(金)

2015年に見つかった違法・有害情報は7,064件、うち95%が国外サイトに掲載(セーファーインターネット協会)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 「児童ポルノ」そして「リベンジポルノ」など、“ネットから消したい情報”に対して、相談・通報を受け付けているセーファーインターネット協会。同協会が、2015年の活動をとりまとめたレポートを公表した。レポートから、「相談」の重要性が浮かび上がっている。

 それによると、2015年に見つかった違法・有害情報は7,064件。そのうちの95%に当たる6,711件が国外サイトに掲載されていた。なお自主パトロール実施に注力したことから「児童ポルノ」の把握数は、昨年の86件から5,466件に大幅増となっている。

 これらの違法・有害情報のうち、6,898件に対し削除を依頼。76%の5,239件が削除された。「児童ポルノ」の削除依頼数は5,466件で、79%の4,333件が削除された。きちんと相談し削除依頼を行えば、かなりの確率で削除されるといえる。

 また「リベンジポルノ」の相談数は25件。複数個所に拡散されていたことなどから、これらに基づく削除依頼数は472件と数倍にのぼったが、そのうち81%に当たる381件(81%)が削除された。削除までに要した期間は、3日以内に6割以上が、2週間以内に8割以上だという。そのため、リベンジポルノの対抗策としては、「とにかく早期に相談し、拡散を防ぐ」ということが有効と思われる。

 セーファーインターネット協会では、ネット上の違法・有害情報に関する相談・通報を受け付け、警察への通報、サイト運営者やプロバイダ等に削除依頼する「セーフライン事業」を展開しているが、今回新たに、リベンジポルノ被害者を支援するための啓発サイトも公開。削除依頼するための案内、悩み相談窓口、警察通報窓口などを掲載している。

リベンジポルノ、対抗策は「早期相談」……3日以内に6割が削除成功

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

    CSIRT構築および運用の実態調査、構築時に定めるべき事項が明らかに(JPCERT/CC)

  2. トップページのEV SSL対応は10社中3社--主要電力会社サイトのSSL対応状況(ビットスター)

    トップページのEV SSL対応は10社中3社--主要電力会社サイトのSSL対応状況(ビットスター)

  3. 公共・製造・金融… 産業別サイバー攻撃ベスト 3 (ベライゾンジャパン)

    公共・製造・金融… 産業別サイバー攻撃ベスト 3 (ベライゾンジャパン)

  4. ドキュメンタリー映画「シチズンフォー スノーデンの暴露」公開、米政府の大規模監視を告発

  5. 外部にさらされているインフラは東京が突出~SHODANで見る5都府県(トレンドマイクロ)

  6. CSIRTを設置するも、スキル不足などにより有効性に疑問を持つ日本企業(IPA)

  7. 2014年の個人情報漏えい、1件の大規模漏えいで人数、損害賠償額が大幅増(JNSA)

  8. #Citizenfour がアカデミー賞を受賞 - エドワード・スノウデン密着ドキュメンタリー #Snowden

  9. 金融分野でのセキュリティ対策の現状と課題、提言を紹介(PwC)

  10. 柔軟性の高いサイバーレンジシステムを九州大学が導入(NTTデータ先端技術)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×