2016.07.27(水)

iPhoneの紛失・盗難に容易に対処可能なApple Watchアプリ(Lookout)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 iPhoneユーザーのための新ガジェットとして登場したApple Watch。価格や機能面から、大流行とまではなっていないが、「これなら、Apple Watchが欲しくなるかも」というアプリが、セキュリティ企業のLookout社から登場した。

 このアプリ「Lookout - Security, Backup and Missing Device」は、Lookout社のソフトウェアエンジニアの「iPhoneうっかり置き忘れ」経験から生まれたという。

 このアプリは、「ビジュアル距離確認バー」を備えており、Apple Watch着用中のユーザーからiPhoneまでの距離をリアルタイムに確認できる。スマートフォンを置き忘れる(スマートフォンが持ち去られる)など、距離が離れると通知する機能も搭載している。

 iPhoneとの通信が切断されそうになると、通信圏外に移動する前にアラート通知するほか、iPhoneの警報音を作動させる、地図を表示させてiPhoneの位置確認を行うといった動作も行える。これにより、「ついうっかり、iPhoneをカウンターに置いたまま、店を出てしまった」「誰かにiPhoneを盗まれてしまった」といった場合に、その距離を測ったり、持ち去られたiPhoneから警告音を鳴らしたりできるという。

 このアプリがあれば、iPhoneの紛失・盗難といった事態に、容易に対処できる。多少、本末転倒のような気もするが、そのためにApple Watchを購入する、というのも、人によってはアリだろう。

これならApple Watchが欲しくなる……Lookoutの新アプリ

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

    八重洲に産官学連携の寄附講座、サイバーセキュリティのトップガンを育成(東京大学大学院情報学環)

  2. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

    日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  3. 人工知能を活用したアルゴリズムで未知の脅威の検知・駆除・追跡を実現(MOTEX)

    人工知能を活用したアルゴリズムで未知の脅威の検知・駆除・追跡を実現(MOTEX)

  4. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  5. Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

  6. 「Pokemon GO」の日本配信に伴い安全対策を公開、規約を違反したユーザーにはペナルティも(ポケモン)

  7. 32種のセキュリティ事故に立ち向かう無償ボードゲーム、CSIRT 演習用(トレンドマイクロ)

  8. アライドテレシスのUTM&VPNルータに、ラックの「脅威情報リスト」を提供(ラック)

  9. 神社境内地での「Pokemon GO」プレイを禁止に(出雲大社)

  10. サンドボックス機能を導入したエンドポイントセキュリティサービス(エフセキュア、ソフトバンク)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×