2016.06.27(月)

「サイバー攻撃を目撃せよ!秋葉原0305」開催、攻殻機動隊制作のProduction I.Gの石川社長のセキュリティ対策も(NISC)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

近未来を舞台に犯罪との戦いを描いた『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』が、サイバーセキュリティ月間とのコラボレーションを展開中だ。サイバーセキュリティ月間は、ITを利用した情報流出を防ぐ目的で内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が啓蒙活動を進めるものだ。
3月5日には、東京・ベルサール秋葉原にてこの連携をアピールする「サイバー攻撃を目撃せよ!秋葉原0305」が開催された。谷脇康彦内閣審議官がサイバーセキュリティー対策のアピールしたほか、『攻殻機動隊 S.A.C』を制作したProduction I.Gの石川光久社長と、「新宿鮫」シリーズなどで知られる作家の大沢在昌も登壇した。

石川光久と大沢在昌のトークセッションでも、サイバー攻撃が話題となった。石川はサイバー攻撃について「すごいハッカーはダークサイドだと非常に恐ろしいが、アニメの力でダークサイドにいかせないようにできるのではないか」とアニメの役割と効果に言及した。
大沢は「『攻殻機動隊』は生涯ベストアニメ。中でも最初の映画版が大好き」と攻殻ファンであることを明かす。さらに作中の専門用語に触れて「インターネットではなく、電脳空間と言ってリアリティをもたせているのが良い。ハッカーの存在を実際以上に身近な脅威として感じさせることができる」とコメントした。

自身のセキュリティ対策について石川は「アニメ制作会社としては、情報流出は怖い。“関係者各位”というメールや添付ファイルは開かない」と明かす。
大沢は「自分は手で原稿を書いているが、パソコンで描いている作家は、編集部にメールで送るときに原稿を抜かれて、海賊版が出回るのを恐れている」と。それぞれの立場からサイバーセキュリティーについて話した。
イベントではそのほか、『攻殻機動隊 S.A.C.』オリジナルクリアファイルの配布や、ウイルス感染によるパソコン乗っ取りの実演など様々な企画が行われ、来場者への啓発していた。
[高橋克則]

攻殻機動隊×内閣府がサイバーセキュリティで連携 石川光久と大沢在昌がトークも

《高橋克則》

編集部おすすめの記事

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

    サイバーインシデント対応にはいくらかかる? 費用試算詳細とサイバーセキュリティ保険加入状況、保険料例

  2. 9月23~25日、セキュリティ・ミニキャンプを広島で開催(IPA)

    9月23~25日、セキュリティ・ミニキャンプを広島で開催(IPA)

  3. 「セキュリティ・キャンプ全国大会2016」募集開始、世情を反映し内容も更新(IPA)

    「セキュリティ・キャンプ全国大会2016」募集開始、世情を反映し内容も更新(IPA)

  4. ScanNetSecurity勉強会レポート:サンドボックス製品使用実感比較

  5. セキュリティ・キャンプの参加者51名が決定、最年少は15歳(IPA)

  6. 5月21~22日、セキュリティ・ミニキャンプを四国で初開催(IPA)

  7. [Black Hat USA 2015] “無名”の日本のサイバーセキュリティ製品が Black Hat に挑戦するまで

  8. デロイト流「なんちゃってCSIRT」再生3つのアプローチ

  9. 災害時における情報の集約と一元化を実現、チェックリストで対処の進捗も把握(富士通)

  10. CTF開催、SOCオペレータとしてRSA製品を用いインシデントに迫る(EMCジャパン)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×