クレジットカードの不正使用防止対策でIC化を推進、2020年に100%目指す(日本クレジット協会)

2016年3月9日(水) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
一般社団法人日本クレジット協会は3月8日、クレジットカードの不正使用防止対策とIC化の取り組みについて発表した。これは、クレジットカードの「安心・安全」な取引環境を確保するために、同協会が講じているさまざまな不正使用防止策の一環となるもの。

同協会では、クレジットカードのIC化率を「2016年12月末までに80%とする」「2020年3月末までに100%を目指す」という目標を掲げ、業界を挙げて推進に努めるとしている。なお、2015年12月末時点でのクレジットカードのIC化は、協会加盟のカード会社237社の総発行枚数に対し68.2%。会社別では、80%のICカード化を達成しているのは173社、そのうち75社は100%を達成しているという。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
日本クレジット協会のコンピュータから外部へ不正通信、専門機関が指摘(日本クレジット協会)

日本クレジット協会は、同協会のコンピュータから外部へ不正な通信が行われているとの指摘を受けたと発表した。

icon
2015年第1四半期のクレジットカード不正使用被害、前四半期よりやや減少(日本クレジット協会)

一般社団法人日本クレジット協会は、2015年第1四半期(1月から3月)におけるクレジットカード不正使用被害の集計値を取りまとめ、発表した。

icon
2014年第3四半期のクレジットカード不正使用被害、増加傾向続く(日本クレジット協会)

一般社団法人日本クレジット協会は、2014年第3四半期(7月から9月)におけるクレジットカード不正使用被害の集計値を取りまとめ、発表した。

icon
2013年第4四半期のクレジットカード不正使用被害、増加傾向続く(日本クレジット協会)

日本クレジット協会は、2013年第4四半期(10月から12月)におけるクレジットカード不正使用被害の集計値を取りまとめ、発表した。

icon
2013年第3四半期のクレジットカード不正使用被害、前四半期より増加(日本クレジット協会)

社団法人日本クレジット協会は、2013年第3四半期(7月から9月)におけるクレジットカード不正使用被害の集計値を取りまとめ、発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト