人間の「耳」を使った新たな個人認証技術を発表(NEC、長岡技術科学大学)

2016年3月8日(火) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

イヤホンで「耳認証」、NECの新技術

音響特性の測定イメージの画像
音響特性の測定イメージ
各個人特有の音響特性を計測するの画像
各個人特有の音響特性を計測する
 銀行やスマホなどでも一般的になってきた「指認証」。簡便なセキュリティだが、「作業やスポーツをしながらの認証ができない」「指紋を(さらにはぶっそうだが、指そのものを)盗られて突破される可能性がある」という点で、新たな生体認証も求められている。

 日本電気(NEC)と長岡技術科学大学は7日、人間の「耳」を使った新たな個人認証技術を発表した。

 この認証方法では、「マイク一体型イヤホン」を耳に装着し、耳の穴で反響したイヤホンの音を、マイクで収集する。耳の穴の形は、各個人で異なるため、音の反響も各個人で異なる。この各個人特有の音響特性を、1秒程度で瞬時に測定するという。音響特性から個人の判別に有効な特徴量を抽出する独自技術を開発し、これにより認証率99%以上を実現した。

 イヤホン型のため、移動中や作業を行いながらでも、認証が可能。また、装置を装着し続ければ、常時任意のタイミングで認証を行うこともできる。

 NECでは、「重要インフラ施設の保守・管理」「警備」といった現場でのなりすまし防止、無線通信・通話時の秘密保持、医療現場などでの展開を視野に、2018年度中の実用化を目指すという。
《冨岡晶@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
スマートフォンの指紋認証センサーの搭載を可能にしたカバーガラスを販売(AGC旭硝子)

 AGC旭硝子は23日、スマートフォンの指紋認証センサーの搭載を可能にしたカバーガラスを販売したことを発表した。

icon
指静脈情報そのものを秘密鍵に、手軽で確実なセキュリティを実現(日立システムズ)

 日立システムズは18日、確実な本人認証を可能にするクラウド型の「SHIELD PBI指静脈認証サービス」を販売開始した。電子証明書などを紛失するリスクもなく、なりすましの防止を可能としている。

icon
マイナンバー制度のセキュリティ対策を強化しPCログオン認証の利便性を向上(日立情報通信エンジニアリング)

 日立情報通信エンジニアリングは16日、マイナンバー制度のセキュリティ対策を強化したPCログオン認証「SecureAegis(セキュアイージス)」の利便性を向上し、同日から販売を開始した。

icon
プリンタの利用制限や印刷者の把握で情報漏えいを防止(エプソン)

 エプソンは10日、同社製プリンタ用の認証印刷オプション「Epson Print Admin(エプソン プリント アドミン)」を3月上旬から提供することを発表した。

icon

ジャパンシステムは内田洋行と共同で、兵庫県姫路市より、マイナンバー制度の本格運用に向けたセキュリティ強化対策として、顔認証セキュリティソリューションを受注したと発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト