脅威の防止に向け、インテリジェンスの共有など提携を拡大(日本IBM、Check Point)

2016年3月7日(月) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)とCheck Point Software Technologies(Check Point)は3月4日、脅威インテリジェンスの共有を含む提携の拡大を発表した。これは、セキュリティ業界がサイバー犯罪の防止に共同で取り組む動きが増えてきたことを受けたもので、両社の提携拡大はセキュリティリスクを検出するだけでなく、サイバー攻撃を未然に防ぐツールによりお客様の環境を強化する、より高いレベルの信頼性を提供することを狙いとしている。

新たな提携は、両社のセキュリティ・リサーチ・チームがIBMの脅威インテリジェンス共有プラットフォーム「IBM X-Force Exchange(XFE)」を使用した脅威の識別および分析を双方向で共有することや、イベント管理の統合、モバイル保護の高度化、マネージド・セキュリティ・サービスの、主に4つの分野の連携が含まれるとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon

日本IBMは、「2015 Securing the C-Suite(2015 IBMセキュリティー・スタディー)」および「2015年下半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表した。

icon
2社の強みを活かし「自治体情報セキュリティクラウド」を構築(富士電機、日本IBM)

富士電機と日本IBMは、「自治体情報セキュリティクラウド」の構築について協業を開始したと発表した。

icon
ランサムウェアへの感染を狙う攻撃が引き続き継続、注意を呼びかけ(日本IBM)

日本IBMは、ランサムウェアへの感染を狙った攻撃が12月に入っても引き続き行われていることをTokyo SOCにおいて確認しているとして、注意を呼びかけている。

icon
[Security Days 2016 インタビュー]サンドボックスすら完璧ではない時代の「ファイル無害化」とは(チェック・ポイント)

「電子メールのセキュリティ対策が注目を受けています。自治体システム強靱化の要件にも挙げられており、基本対策として取り組んでいます。メール対策といえば、標的型攻撃メール訓練が思い浮かびますが、何度訓...

icon
クラウド型マルチデバイス管理ツールにチェック・ポイントのHDD暗号化機能(クオリティソフト)

クオリティソフトは、クラウド型マルチデバイス管理ツールの新バージョン「ISM CloudOne Ver.5.1i」の提供を開始した。

icon
産業用制御システム向けのゲートウェイアプライアンスを発売(チェック・ポイント)

Check Point Software Technologiesは、セキュリティ・ゲートウェイ・アプライアンスの新製品「Check Point 1200R」により、産業用制御システム(ICS)向けの包括的なセキュリティソリューションを拡充した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト