2016.06.30(木)

緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」に安否確認機能を追加(アールシーソリューション)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 5年前の東日本大震災のとき、TwitterをはじめとするSNSが大きく活躍した。スマートフォンの普及期に重なったこともあり、以降もSNS利用者は増加しているが、「地震速報アプリ」「家族との連絡のためのアプリ」なども普及することとなった。

 なまずの絵柄が印象的なアールシーソリューションの緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」もその1つ。気象庁の発表する高度利用者向け緊急地震速報をもとに、利用者が設定した地点のゆれを計算し、推定震度と予想到達時間を通知するサービスだ。気象庁の2014年2月調べによると、国内でもっとも利用されているアプリであり、累計ダウンロード数は500万を突破している。くしくもリリース自体は東日本大震災直前の2010年11月だった。余震が多かった時期に、お世話になったというユーザーも多いだろう。

 3月7日にリリースされる新バージョンでは、独自の「安否確認機能」が追加される。

 「安否確認機能」は、利用者が登録した安否状況「無事」「被害あり」を地図上に表示するというシンプルなものだ。氏名、電話番号、状況を知らせるコメントを入力することで、他ユーザーが検索可能となる(表示時は、電話番号は一部伏せ字)。

 将来的には、登録された安否情報を、J-anpi、Googleパーソンファインダーなどの他の安否確認システムと連携する機能も追加される予定とのこと。

地震速報アプリ「ゆれくるコール」で、安否確認も可能に

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

    シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

  3. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

    新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  4. 国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」を2016年4月より実施(IPA)

  5. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  6. 「TECHORUS SECURITY」ブランドでマネージドセキュリティ市場に本格参入(NHN テコラス)

  7. ファイル検査も可能なインターネット分離クラウドサービスを提供開始(セコムトラストシステムズ)

  8. 不正送金の可能性が高いときのみ認証を求めるトランザクション署名を追加(EMCジャパン)

  9. 迫る期日と進まない移行……SHA-1の脆弱性放置の危険性

  10. 宅急便やクロネコ等を騙る迷惑メールが多発、ヤマト運輸が注意を呼びかけ(ヤマト運輸)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×