緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」に安否確認機能を追加(アールシーソリューション)

2016年3月4日(金) 12時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

地震速報アプリ「ゆれくるコール」で、安否確認も可能に

「ゆれくるコール」アプリアイコンの画像
「ゆれくるコール」アプリアイコン
「安否確認」の結果画面の画像
「安否確認」の結果画面
「安否確認」の詳細表示の画像
「安否確認」の詳細表示
 5年前の東日本大震災のとき、TwitterをはじめとするSNSが大きく活躍した。スマートフォンの普及期に重なったこともあり、以降もSNS利用者は増加しているが、「地震速報アプリ」「家族との連絡のためのアプリ」なども普及することとなった。

 なまずの絵柄が印象的なアールシーソリューションの緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」もその1つ。気象庁の発表する高度利用者向け緊急地震速報をもとに、利用者が設定した地点のゆれを計算し、推定震度と予想到達時間を通知するサービスだ。気象庁の2014年2月調べによると、国内でもっとも利用されているアプリであり、累計ダウンロード数は500万を突破している。くしくもリリース自体は東日本大震災直前の2010年11月だった。余震が多かった時期に、お世話になったというユーザーも多いだろう。

 3月7日にリリースされる新バージョンでは、独自の「安否確認機能」が追加される。

 「安否確認機能」は、利用者が登録した安否状況「無事」「被害あり」を地図上に表示するというシンプルなものだ。氏名、電話番号、状況を知らせるコメントを入力することで、他ユーザーが検索可能となる(表示時は、電話番号は一部伏せ字)。

 将来的には、登録された安否情報を、J-anpi、Googleパーソンファインダーなどの他の安否確認システムと連携する機能も追加される予定とのこと。
《冨岡晶@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
安否確認サービスの新バージョンを提供、スマートフォン対応アプリなどを含め機能が大幅に追加(イーネットソリューションズ)

 イーネットソリューションズは安否確認サービス「Safetylink24」の新バージョン(v5.5)を防災の日となる9月1日から提供開始する。スマートフォン対応アプリなどを含め、機能が大幅に追加されている。

icon
災害時の安否確認をビーコンが自動で登録(YCC情報システム)

 YCC情報システムは、東京ビッグサイトで開催された「自治体総合フェア2015」にて、ビーコンを活用した安否確認システムの展示を行った。デンソーと共同開発したシステムで、災害時の安否確認をビーコンが自動で...

icon
「goo防災アプリ」に全国の公衆電話の設置場所を探せるサービスを追加(NTTレゾナント)

 NTTレゾナントは、災害時の情報収集や安否確認サービスを提供するスマートフォン用アプリ「goo防災アプリ」と、パソコン用地図サービス「goo地図」に全国の公衆電話の設置場所を探せるサービスを追加することを...

icon
南海トラフ巨大地震の発生に備え「20万人市民 いたみまるごと防災訓練」を開催(兵庫県伊丹市)

 兵庫県伊丹市は24日、南海トラフ巨大地震の発生に備え、全市民が参加して市の防災力を強化することを目標にした「20万人市民 いたみまるごと防災訓練」を開催した。

icon
災害発生地域における便乗商法や保証金詐欺、義援金詐欺に注意を呼びかけ(国民生活センター)

 台風や豪雨、地震などの災害時、それに便乗した悪質商法が多発することから、国民生活センターが注意を呼びかけている。災害発生地域における便乗商法や保証金詐欺のほか、義援金詐欺なども過去の災害時に多数...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト