News from AvePoint 第5回 「クラウド移行前に考えておきたい3つのポイント」

2016年3月4日(金) 08時45分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ダナ・ルイーズ・シンバーコフ (AvePoint, Inc. Chief Compliance and Risk Officer)の画像
ダナ・ルイーズ・シンバーコフ (AvePoint, Inc. Chief Compliance and Risk Officer)
テクノロジーの発展・変化のスピードがますます加速する現在。世界で起きているプライバシー問題と状況もまた、凄まじい勢いで変化を続けています。まるで、『鏡の国のアリス』 に登場する 「赤の女王」 の台詞、 「同じ所にとどまろうと思うなら、全速力で走りつづけなさい」 という台詞のようです。

この表現は、クラウド コンピューティングの現在置かれている状況にもぴったりと当てはまります。大規模な情報流出のニュースが報道されていない週はないといってよいくらい、情報流出は頻繁に起こるインシデントとなってしまっています。

やっとプライバシー問題を理解できたと思ったら、新たなタイプの問題が発生するといった具合です。このような情報流出は、自分の情報が流出してしまった個人はもちろんのこと、流出させてしまった企業・組織にも多大な影響を及ぼします。

このようなインシデントを起こしてしまえば、多大なコストがかかるのはもちろんのこと、担当者の失職や企業・組織へのブランド ダメージなど、悪影響の及ぶ範囲は非常に広いのが現状です。この意味では、プライバシーとデータ セキュリティは、今や C レベルで議論すべき問題となっているといえるでしょう。

このような状況下で、自社が持つデータやアプリの保存先、もしくはインフラのホスト先としてクラウドを選択することは、有効な選択肢なのでしょうか?

《ダナ・ルイーズ・シンバーコフ (AvePoint, Inc. Chief Compliance and Risk Officer)》

注目ニュース

icon
News from AvePoint 第4回 「ビッグデータとプライバシー保護の共存のために」

Facebookで何に 「いいね!」 を押したかなどの個人の 「小さな」 データの収集はなぜ問題になるのでしょうか?消費者が、自分自身に関する情報を共有したければ共有でき、自分の情報の利用方法を自分で決定できる...

icon
News from AvePoint 第3回 「メタデータが社内の使途不明情報の山を資産に変える」

情報流出のリスクを抑制し、データに対する適切なレベルの保護を実行するには何が必要でしょうか?組織が保持しているデータを区分し、どのようなデータを誰から守るべきかについて、論理的な境界線を引くことが...

icon
News from AvePoint 第2回 「社員に抜け道を作らせないコンプライアンスのルール作り」

機密がどこにあるか検知する方法として、データ分類という対策を考えてみましょう。情報を 「社外公開可能」「内部向け」「秘密」「最高機密」 などに分類する方法です。そして、まさにここから、システムが機能...

icon
News from AvePoint 第1回 「情シス・コンプライアンス担当者 2016年 10のチェックリスト」

セキュリティの問題にしっかりと取り組むには、何から始めればよいのでしょうか? とても 1 つに絞ることはできません。以下に示す 10 項目は、2016 年の情勢を予測した上で重要だと考えられる 「今年こそ取り組み...

icon
「Compliance Guardian」にインシデント対応のプロセスを自動化できる新版(AvePoint Japan)

AvePoint Japanは、組織の情報資産を情報流出などのリスクから保護し、IT環境全体のコンプライアンスおよび情報セキュリティを強化するソフトウェアの最新版「AvePoint Compliance Guardian サービスパック(SP)...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト