2016.07.29(金)

内部不正の約6割は「うっかり」、故意の不正行為は約4割--実態調査(IPA)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は3月3日、「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」の報告書を公開した。これは、内部不正の発生、およびその対策の実施状況などを把握し、内部不正の防止に向けた環境整備を促すために実施したもの。2015年11月25日~11月30日、業種別・従業員数別に抽出した民間企業における従業員等3,652名、および内部不正の経験者200名を対象に、Webアンケートにより実施した。

調査結果によると、内部不正経験者の行為の理由は「うっかり違反した」が40.5%、「ルールを知らずに違反した」が17.5%と、全体の約6割は「うっかり」によるものだったが、42.0%は故意に内部不正を行っており、その理由は「業務が忙しく、終わらせるために持ち出す必要があった」が16.0%、「処遇や待遇に不満があった」が11.0%などとなっている。

情報の持ち出し手段は「USBメモリ」がもっとも多く、内部不正経験者すべてでは43.6%、故意のケースでは53.0%と半数を超えた。2位はともに「電子メール」、3位は前者が「パソコン」、後者は「紙媒体」であった。内部不正経験者の職務を尋ねたところ、51.0%がシステム管理者(兼務を含む)であった。報告書では、実態と合わせて対策についても紹介している。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

    「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

  2. 26%が最高デジタルリスク責任者(CDRO)を指名、独立した予算を設けるべき(BTジャパン)

    26%が最高デジタルリスク責任者(CDRO)を指名、独立した予算を設けるべき(BTジャパン)

  3. Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

    Windows 10へのアップグレード、興味はあるが当面アップグレードしないユーザーが39.0%に(ジャストシステム)

  4. 約99%の企業が情報セキュリティ対策を実施、しかしその内訳は(総務省)

  5. Windows 10アップグレード肯定派は約7割、アップグレード後の不具合も6%(キューアンドエー)

  6. 脆弱性報告、Webアプリが引き続き大半を占める--四半期レポート(IPA)

  7. データロスやダウンタイムによる損失コスト、国際平均と日本を比較(EMCジャパン)

  8. 柔軟性の高いサイバーレンジシステムを九州大学が導入(NTTデータ先端技術)

  9. 日本国内の情報セキュリティ市場規模、2014年は8,000億円の大台突破へ(JNSA)

  10. 組織の担当者だけでなく一般ユーザにも役立つ「情報セキュリティ白書2016」(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×