災害時の石油供給を円滑に進められるよう「情報共有に関する覚書」を締結(NTTグループ、石油連盟)

2016年3月3日(木) 12時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTグループと石油連盟、災害時の電力確保のため情報共有へ

大規模停電時の電源確保の画像
大規模停電時の電源確保
災害時石油供給連携計画について(石油連盟資料より)の画像
災害時石油供給連携計画について(石油連盟資料より)
 日本電信電話、東日本電信電話、西日本電信電話、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモは2日、日本の石油精製・販売会社の業界団体「石油連盟」(14社)と、「災害時の重要施設にかかわる情報共有」を進めることを発表した。

 大規模な災害などで長時間の停電が発生した場合、通信サービスを復旧・維持するため、NTTグループでは、非常用発電機を運転させる。その際には、石油が必要となるが、国を通じた要請に応じて、「災害時石油供給連携計画」に基づき、石油連盟が石油供給を行う。

 しかし、東日本大震災時に、NTTグループ施設側の貯蔵タンクの注入口と、タンクローリー側のホースの緊結金具が合致しないなど、さまざまな問題が発生した。こうした反省を踏まえ、石油供給を円滑に進められるよう「情報共有に関する覚書」をNTTグループと石油連盟で締結した。指定公共機関としては初。
《冨岡晶@RBB TODAY》

注目ニュース

icon
ドローンを活用した「メッセージ蓄積中継システム」を開発、災害時に基地局の復旧を待たずにメールのやりとりが可能に(KDDI研究所)

 農業、インフラ維持、災害時対策など、幅広い領域での活躍が期待されている無人航空機(ドローンなど)。その利用方法として、「Eメールの配送」が新たに加わった。KDDI研究所は25日、災害時を想定した「メッセ...

icon
災害発生時に複数の拠点間でのリアルタイムの情報共有・指示が可能に(パイオニアVC)

 パシフィコ横浜で5日まで開催されていた「第20回 震災対策技術展 横浜」に出展したパイオニアVCは、同社のテレビ・Web会議システム「xSync」(バイシンク)を活用した災害発生時の緊急対策ソリューションの数々...

icon
震災や津波、洪水などあらゆる災害への対策が取られた「大阪第5データセンター」を開設(NTT Com)

 NTTコミュニケーションズは18日、災害に強い「大阪第5データセンター」を開設したことを発表した。

icon
長距離無線LANシステムの災害時の通信システムとしての有効性を実証(日本電業工作)

 日本電業工作は9日、同社の「FalconWAVE4.9G/2.4G」を利用した実験を行い、災害時の通信システムとしての有効性を実証したことを発表した。

icon
防災と災害対処活動に関する相互協力で協定を締結(NTTグループ、日本郵政グループ)

 NTTグループと日本郵政グループは1日、防災および災害対処活動に関する相互協力で、協定を締結した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト