2016.07.01(金)

災害時の石油供給を円滑に進められるよう「情報共有に関する覚書」を締結(NTTグループ、石油連盟)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本電信電話、東日本電信電話、西日本電信電話、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモは2日、日本の石油精製・販売会社の業界団体「石油連盟」(14社)と、「災害時の重要施設にかかわる情報共有」を進めることを発表した。

 大規模な災害などで長時間の停電が発生した場合、通信サービスを復旧・維持するため、NTTグループでは、非常用発電機を運転させる。その際には、石油が必要となるが、国を通じた要請に応じて、「災害時石油供給連携計画」に基づき、石油連盟が石油供給を行う。

 しかし、東日本大震災時に、NTTグループ施設側の貯蔵タンクの注入口と、タンクローリー側のホースの緊結金具が合致しないなど、さまざまな問題が発生した。こうした反省を踏まえ、石油供給を円滑に進められるよう「情報共有に関する覚書」をNTTグループと石油連盟で締結した。指定公共機関としては初。

NTTグループと石油連盟、災害時の電力確保のため情報共有へ

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

    ソフトウェアテストの秀才集団、セキュリティ診断事業の「ヒト」の課題解決に取り組む(SHIFT SECURITY)

  2. IoTシステムの安全・安心な運用に向けて協業(ウェブルート、アドソル日進)

    IoTシステムの安全・安心な運用に向けて協業(ウェブルート、アドソル日進)

  3. 新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

    新たに創設される支援士試験は、現行のSC試験と置き換わる位置づけに(IPA)

  4. マルウェア対策も強化されたWindows 10向け大型アップデートを8月2日より提供開始(米マイクロソフト)

  5. シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

  6. 調査結果、原発事故や放射能への不安は文系・低所得層ほど拡大(慶應義塾大学)

  7. IoTのセキュリティは認証や通信、データの暗号化が特に重要な生命線に

  8. クラウド型Webフィルタリングサービスの新版、運用負荷軽減など機能強化(ALSI)

  9. 迫る期日と進まない移行……SHA-1の脆弱性放置の危険性

  10. 国内の脆弱性診断市場は前年比19.6%増、今後もWeb関連を中心に伸長を予測(ITR)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×