セキュリティスイッチとUTMの連携で、未知のマルウェアを自動遮断(ウォッチガード、パイオリンク)

2016年3月3日(木) 08時27分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)と株式会社パイオリンクは3月2日、両社の製品を連携させ、未知のマルウェア検知からマルウェア感染デバイスの特定と遮断までを自動化する、情報セキュリティの包括的な新ソリューションを共同で開発したと発表した。

パイオリンクのセキュリティスイッチ「TiFRONT」および同スイッチを運用管理する「TiManager」と、ウォッチガードのUTM「WatchGuard Firebox」が連携することにより、未知のマルウェアに感染した端末の特定情報から、感染デバイスのIPアドレスを認識し、即時遮断を自動的に実現、二次感染による被害拡大や情報漏えいのリスクを低減するとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
SMBや分散型エンタープライズ向けのUTMアプライアンス、2シリーズを発売(ウォッチガード)

ウォッチガードは、企業向けUTMアプライアンスのFireboxファミリに「Firebox T30 / T30-W」「Firebox T50 / T50-W」の2シリーズ、4機種を新たに投入した。

icon
主に中堅・中小企業を対象としたランサムウェア対策でアライアンス締結(ウォッチガード、アクロニス)

ウォッチガードとアクロニスは、ランサムウェア対策においてアライアンスを締結したと発表した。

icon
セキュアな無線アクセスポイントの新モデルを発売(ウォッチガード)

ウォッチガードは、セキュアな無線アクセスポイントの新モデル「AP300」を発表した。

icon
【インタビュー】標的型攻撃、スイッチを利用した内部対策の有効性(パイオリンク)

社内にマルウェアが潜入すると、まず最初に行うことは社内ネットワークの情報取得です。ここで重要なのは、こうした攻撃基盤構築時の物色の多くが、あくまで社内ネットワーク内で行われることにより、従来の入口...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト