2016.07.30(土)

セキュリティスイッチとUTMの連携で、未知のマルウェアを自動遮断(ウォッチガード、パイオリンク)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)と株式会社パイオリンクは3月2日、両社の製品を連携させ、未知のマルウェア検知からマルウェア感染デバイスの特定と遮断までを自動化する、情報セキュリティの包括的な新ソリューションを共同で開発したと発表した。

パイオリンクのセキュリティスイッチ「TiFRONT」および同スイッチを運用管理する「TiManager」と、ウォッチガードのUTM「WatchGuard Firebox」が連携することにより、未知のマルウェアに感染した端末の特定情報から、感染デバイスのIPアドレスを認識し、即時遮断を自動的に実現、二次感染による被害拡大や情報漏えいのリスクを低減するとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

    Windows 10へのアップグレード、確認・留意が必要な事項について注意を呼びかけ(消費者庁)

  2. Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

    Windows 10無料相談窓口開設、製品利用有無に関わらず利用可(トレンドマイクロ)

  3. WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

    WebフィルタリングソフトとFireEyeを連携、C&Cサーバとの通信を遮断(ALSI)

  4. マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した本人確認ソリューションを提供開始(NTTデータ)

  5. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  6. 次世代FWをバージョンアップ、Azureのクラウド環境の一元管理を可能に(バラクーダネットワークス)

  7. 「ウイルスバスター クラウド 10」パッケージ版を店頭発売(トレンドマイクロ)

  8. Windows 10に正式対応した無償セキュリティツール「EMET 5.5」を正式公開(マイクロソフト)

  9. 「脆弱性診断士スキルマップ」を作成、魅力ある職業の認知を目指す(OWASP Japan、JNSA)

  10. スパイウェア対策を強化した「TKCウィルス対策プログラム」16万本を無償で提供(TKC)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★ Scanもアップグレードしませんか?7月末まで Scan PREMIUM が最大 5,000 円割引となるキャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×