2016.06.25(土)

2011年に非推奨とされた「SSLv2」に、暗号を解読される「DROWN攻撃」(JVN)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月2日、SSLv2には十分な回数のハンドシェイクの情報を収集できる場合に、暗号通信を解読される可能性があると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。これは「DROWN攻撃」という名称で報じられている。CVSS v3によるBase Scoreは7.4。研究者によると、Bleichenbacherのパディングオラクル攻撃の新たな手法であるという。

DROWN攻撃を受ける可能性があるのは、SSLv2をサポートしているサーバ。SSLv2は2011年から非推奨となっているが、研究者によると現在も多くのサーバがSSLv2とTLSで共通のサーバ証明書を使用しているという。なお、この攻撃では1,000回程度のSSLハンドシェイクの情報を取得しておく必要がある。JVNでは対策方法として、「SSLv2を無効化する」「共通のSSL証明書を使用しない」「通信内容を監視し、ファイアウォールのルールを設定する」ことを挙げている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

    OS Xなどで使用される「mDNSResponder」に複数の脆弱性(JVN)

  2. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性

  3. Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

    Docker APIやH.323 プロトコルのポートに対するアクセスが増加(警察庁)

  4. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  5. 2013年にサポートが終了している「Apache Struts1」に複数の脆弱性(JVN)

  6. トレンドマイクロ「Deep Discovery Inspector」にコード実行の脆弱性(JVN)

  7. Microsoft Internet Explorer の mshtml.dll に起因する解放済みメモリ使用の脆弱性(Scan Tech Report)

  8. 「Apache Struts 2」の脆弱性への攻撃増加、および被害を確認(ラック)

  9. 「ウイルスが検出されました」と日本語の音声で警告する偽サイトを確認(トレンドマイクロ)

  10. 同業種でも攻撃や感染の数は企業により異なる、その差はリテラシー(ファイア・アイ)

アクセスランキングをもっと見る

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×