2016.06.01(水)

SSL通信の増加でセキュリティ対策製品の処理能力への影響が深刻に(F5)

脅威 脅威動向

F5ネットワークスジャパン合同会社(F5)は2月26日、「ADCベンダーであるF5が語るセキュリティ総SSL通信化時代のセキュリティ死角と、その対策」と題した勉強会を開催した。同社セールスエンジニアリング本部 プリセールスコンサルタントである桐谷彰一氏は、SSL通信が急激に増加しており、その割合が2017年には50%に達するという予測を紹介した。その背景には、GoogleがSEO評価にHTTPSサイトであることを重視したことや、サーバ証明書の多様化や無料化などを挙げた。

一方で、SSLの増加にともなって「セキュリティ対策の陳腐化」「“暗号化”の安全性」「運用、管理の煩雑化」の問題点があるとした。セキュリティ対策の陳腐化では、暗号化されているために既存のセキュリティ対策製品ではチェックできないこと、SSLを復号化してチェックすると処理能力が著しく低下することを挙げた。この場合、次世代ファイアウォールでは21%、次世代IPSでは25%にまで処理能力が低下する。さらにサンドボックスはSSLに対応していない。

“暗号化”の安全性については、SSLの脆弱性の増加とSHA-1アルゴリズムのSSLサーバ証明書の廃止といった問題を説明した。運用、管理の煩雑化では、証明書の管理や脆弱性への対策、新基準の個別対応などの要因があるとした。そこでF5の取り組みとして、同社の「SSL Everywhere」のアプローチを紹介した。これは通信経路に設置した「BIG-IP」にSSL通信処理を統合し、BIG-IPで復号化した通信をセキュリティ機器でチェックし、再び暗号化して送るというもの。仮想化環境でSSL処理をオフロードできることも説明した。さらにBIG-IPを活用することで、安全なSSL暗号化通信を可能にしたり、統合管理が可能であることを紹介した。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

脅威 アクセスランキング

  1. バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

    バッファロー製の複数の無線LANルータに脆弱性(JVN)

  2. 「サイボウズ ガルーン」に複数の脆弱性、アップデートなど対策呼びかけ(JVN)

    「サイボウズ ガルーン」に複数の脆弱性、アップデートなど対策呼びかけ(JVN)

  3. セキュリティホール情報<2008/03/03>

    セキュリティホール情報<2008/03/03>

  4. 三井住友銀行を騙る「変な日本語」のフィッシングメールを確認(フィッシング対策協議会)

  5. AndroidスマートフォンからDDoS攻撃、新種トロイの木馬を検出(Dr.WEB)

  6. 米国の商事改善協会を騙るメール攻撃を確認--インテリジェンスレポート(シマンテック)

  7. 2月の特殊詐欺状況を発表、振り込め詐欺の被害総額は19億円(警察庁)

  8. phpMyAdmin の Cookie 認証方式の実装に起因する DoS の脆弱性(Scan Tech Report)

  9. 2015年第1四半期のクレジットカード不正使用被害、前四半期よりやや減少(日本クレジット協会)

  10. 「Duqu」によるイランとスーダンへの標的型攻撃を検知(カスペルスキー)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×