「超スマート社会」の実現に向け、サイバーセキュリティ分野で共同研究(慶應義塾大学、日立)

2016年3月2日(水) 10時44分
このエントリーをはてなブックマークに追加
慶應義塾大学と株式会社日立製作所(日立)は2月29日、サイバーセキュリティやIoTなどの技術を基盤とした「超スマート社会」の実現への貢献を目的に、共同研究を開始すると発表した。慶應義塾大学では、日本だけでなくグローバル情報社会の最重要課題であるサイバーセキュリティ分野の社会課題に学問分野を越えて取り組むために、先導研究センター内にサイバーセキュリティ研究センターを設置した。

一方、日立はインフラ技術と高度なITを組み合わせた社会イノベーション事業を通じて、世界各地の顧客や地域が抱える課題を解決するソリューションを提供している。また、セキュリティ分野において迅速にマルウェアを検知、解析してシステムやネットワーク環境を保護する技術や、生体情報を暗号化し利用する新しい認証技術などの研究開発を行い、国際標準化などを通じて実用化を進めてきた。

今後、慶應義塾大学と日立は、「超スマート社会」において高度化・大規模化するサイバー攻撃に対するセキュリティ運用管理や個人情報の安全性に関連する技術の開発などに共同で取り組んでいくとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
指静脈情報そのものを秘密鍵に、手軽で確実なセキュリティを実現(日立システムズ)

 日立システムズは18日、確実な本人認証を可能にするクラウド型の「SHIELD PBI指静脈認証サービス」を販売開始した。電子証明書などを紛失するリスクもなく、なりすましの防止を可能としている。

icon
マイナンバー制度のセキュリティ対策を強化しPCログオン認証の利便性を向上(日立情報通信エンジニアリング)

 日立情報通信エンジニアリングは16日、マイナンバー制度のセキュリティ対策を強化したPCログオン認証「SecureAegis(セキュアイージス)」の利便性を向上し、同日から販売を開始した。

icon
振込詐欺や海外テロリストなど反社会勢力との取引を検知してリスクを回避(日立ソリューションズ西日本)

 日立ソリューションズ西日本は15日、金融機関向け事務リスク管理ソリューションパッケージ(監明シリーズ)の機能を強化した新バージョンを発売開始した。

icon
慶應義塾大学サイバー防犯ボランティア研究会と連携、小学生を対象にデジタルモラル教育を実践(CA Tech Kids)

 サイバーエージェントの連結子会社で小学生向けプログラミング教育事業を行うCA Tech Kidsは、慶應義塾大学サイバー防犯ボランティア研究会と連携し、今後、小学生を対象としたデジタルモラル教育を実践してい...

icon
IoT時代のセキュリティ:課題は異業種連携の隙間――スマートフォンセキュリティ・シンポジウム2015

「スマートフォンセキュリティ・シンポジウム2015」の基調講演は、慶應義塾大学院 環境情報学部の徳田英幸教授(政策・メディア研究委員長)によるIoT/IoE時代のセキュアなサービスについての講演が行われた。

icon
仮想光ネットワーク構築実験に成功、広域クラウドを構成する大容量通信ネットワーク技術への応用を期待(KDDI研究所、NICT他)

 KDDI研究所、三菱電機、情報通信研究機構(NICT)、慶應義塾大学、イクシアコミュニケーションズ、東陽テクニカの6者は21日、仮想光ネットワーク構築実験に成功したことを発表した。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト