直接金銭を窃取しようとする不正プログラムの被害が法人ユーザで増加(トレンドマイクロ)

2016年3月2日(水) 10時09分
このエントリーをはてなブックマークに追加
法人ユーザからのランサムウェア被害報告件数推移(日本)の画像
法人ユーザからのランサムウェア被害報告件数推移(日本)
ランサムウェア検出台数推移(全世界)の画像
ランサムウェア検出台数推移(全世界)
トレンドマイクロ株式会社は2月29日、日本国内および海外でのセキュリティ動向を分析した報告書「2015年年間セキュリティラウンドアップ:情報と金銭を狙ったサイバー犯罪の矛先が法人に」を公開した。2015年は、ランサムウェアやオンライン銀行詐欺ツールといった、直接金銭を窃取しようとする不正プログラムの被害が法人ユーザで増加した。

国内法人ユーザのランサムウェアにおける被害報告件数は、前年比約16.3倍に増加したほか、世界的にも法人ユーザでの検出台数が同約2.2倍に増加した。また、オンライン銀行詐欺ツールの国内法人ユーザにおける検出台数が13,500台となり、過去最高となった。

そのほか、PoS(Point of Sales)システムを狙った不正プログラムの国内の検出台数が前年比約6.9倍に増加した。これは世界的に見ても同様で、前年比約2.4倍の増加と、同社の観測史上最大を記録した。法人ユーザは個人ユーザと比較して機密性の高いデータを多く扱うため、攻撃を受けた場合に甚大な被害につながる可能性が高い。同社では、法人ユーザはデータのバックアップや従来対策していなかった機器のセキュリティ対策など、社内システムやデータのセキュリティ対策を、今一度見直す必要があるとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
サイバーセキュリティ月間を受け、マクロ型不正プログラムに注意喚起(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、サイバーセキュリティ月間が2月1日から始まることを受け、企業に対してメール添付のマクロ型不正プログラムの脅威が急増していると注意喚起している。

icon
「auスマートパス」にパスワード管理アプリを提供(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、KDDIが提供する「auスマートパス」において、トレンドマイクロのパスワード管理アプリ「パスワードマネージャー for au」を提供開始した。

icon
機械学習IT運用分析ソフトをトレンドマイクロが採用(サイオス、トレンドマイクロ)

サイオスと米国サイオスは、機械学習技術を導入したIT運用分析ソフトウェア「SIOS iQ」が、VMWare環境の分析用としてトレンドマイクロに採用されたと発表した。

icon
「マイナンバーのセキュリティに不安」9割以上に--ユーザアンケート調査(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「個人に関する情報のセキュリティ意識調査」の結果を発表した。

icon
「vvvウイルス」の国内での攻撃が急増、スパムメールにより拡散の動きが活発化(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロは11日、ランサムウェア「CrypTesla」(通称「vvvウイルス」)について、国内での攻撃が急増している現状を公表した。スパムメールにより「CrypTesla」を拡散させようとする動きが、活発化して...

RSS

特集・連載

ピックアップフォト