2016.06.01(水)

脅威インテリジェンスへの素早いアクセスでインシデント対応を迅速化(ウェブルート)

経済社会 新製品・新サービス

ウェブルート株式会社は2月26日、脅威調査ツール「BrightCloud Threat Investigator」を同日より提供開始したと発表した。同ツールは、企業やマネージドサービス プロバイダー(MSP)、マネージド セキュリティサービス プロバイダー(MSSP)向けに、個々のIPやURLに関する実用的な脅威インテリジェンスに瞬時にアクセスし、各オブジェクトのカテゴリ、履歴、関連IP/URLを掘り下げることで、脅威の調査やインシデント対応に活用できるというもの。

同ツールによって、継続的なサイバー調査の際に時間を節約でき、セキュリティアナリストや第一対応者は最も重大な課題に集中できる。セキュリティ担当者などはその後、より効果的にセキュリティ侵害の影響を緩和し、顧客データや知的財産の持ち出しを制限し、企業の評価に関わる副次的影響を抑制できるようになるとしている。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

特集

経済社会 アクセスランキング

  1. 次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

    次期「ウイルスバスター クラウド」ベータ版を公開、フィードバック募集(トレンドマイクロ)

  2. 「WisePoint」がWebグループウェア「desknet's」に対応(ファルコンシステムコンサルティング)

    「WisePoint」がWebグループウェア「desknet's」に対応(ファルコンシステムコンサルティング)

  3. ファイルサーバ統合管理ソフトの新版、ハイブリッド運用や個人情報対応(NEC)

    ファイルサーバ統合管理ソフトの新版、ハイブリッド運用や個人情報対応(NEC)

  4. JVNの脆弱性深刻度の表示に「CVSS 2.0」を採用(JPCERT/CC)

  5. IIJにウイルス対策技術を提供(トレンドマイクロ)

  6. 新システムによるインターネット治安情勢を発表(警察庁)

  7. 金融機関を対象としたCSIRT要員の実践的共同トレーニングを提供(NEC)

  8. 横浜市港湾病院の元医師が患者約1万3千人分の個人情報を持ち出し

  9. サイバーセキュリティ事業の強化とグローバル展開を視野に子会社化(NEC、サイバーディフェンス研究所)

  10. EC向けの新決済サービス「BuySmart」の提供を開始(サイバーキャッシュ)

アクセスランキングをもっと見る

PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内
PREMIUM 会員限定記事の閲覧方法のご案内

PREMIUM 会員登録するとすべての会員限定記事が閲覧いただけます。

×