2016.08.30(火)

C&Cサーバの情報をISPに提供することでマルウェア感染を低減する取組(総務省)

製品・サービス・業界動向 業界動向

総務省は2月26日、「官民連携による国民のマルウェア対策支援プロジェクト(Advanced Cyber Threats response InitiatiVE(略称「ACTIVE」))」を通じたマルウェア感染者の被害未然防止の取組を開始したと発表した。これは、マルウェア感染によるインターネットバンキングの不正送金や個人情報の窃取、他者へのサイバー攻撃の踏み台にされるといった被害が続いていることを受けたもの。

総務省では2016年2月より、実証プロジェクト「ACTIVE」において、安心・安全なネットワーク環境の実現に向け、一般財団法人日本データ通信協会 テレコム・アイザック推進会議と連携し、新たに被害未然防止の取組を開始した。これは、同推進会議から国内のISP事業者へ「ACTIVE」において得られたC&Cサーバに関する情報提供を行い、各ISP事業者が通信の抑止を行うとともに、マルウェアに感染した端末の利用者への注意喚起を行うことで被害を軽減するというもの。
《吉澤 亨史》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「ポケモンGO」アップデート、不正行為への対策も強化(ナイアンティック)

    「ポケモンGO」アップデート、不正行為への対策も強化(ナイアンティック)

  2. OWASP ZAPを使用した脆弱性診断の手法を説明するセミナーをメニュー化(HASHコンサルティング)

    OWASP ZAPを使用した脆弱性診断の手法を説明するセミナーをメニュー化(HASHコンサルティング)

  3. 「過去のエンドポイント保護は不要」、機械学習のマルウェア対策Cylance日本法人(Cylance)

    「過去のエンドポイント保護は不要」、機械学習のマルウェア対策Cylance日本法人(Cylance)

  4. 暗号処理にかかるエネルギーを50%以上削減、IoT機器の次世代ネットワークの安全性向上に期待(東北大学、NEC)

  5. ネットワーク“迷宮化”ソリューションにランサムウェア検知・防御機能(アズジェント)

  6. イントラネット監視と従業員監視が協業、ハッカーも内部不正も検知(セキュリティフライデー、インターコム)

  7. 非認可の不正APや不正デバイスを検知し遮断、Wi-Fiセキュリティセンサーを販売開始(レンジャーシステムズ)

  8. 組織内CSIRTの構築から運営までを総合的に支援するソリューション(IIJ)

  9. Linkedinでの情報流出を受け、一部ユーザーにパスワード変更を呼びかけ(Dropbox)

  10. BCPへの対応力を強化した「三鷹第二データセンター(仮称)」の建設を開始(NTTデータ)

  11. 日本発のクラウドセキュリティ認証がISO 27017として発行、ISMS認証も対応(JIPDEC)

  12. Citizen LabとLookoutから指摘を受けたセキュリティ問題を修正したiOS 9.3.5をリリース(Apple)

  13. 振り込め詐欺や迷惑電話対策の機能を強化したデジタルコードレス電話機を発売(パナソニック)

  14. 「SharePoint Online」上のファイルを暗号化するソリューション(日立ソリューションズ)

  15. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  16. 脅威インテリジェンスをSplunkに統合できるプラグインを提供開始(カスペルスキー)

  17. 仮想ブラウザとファイル無害化ソリューションを連携、自治体にも有効(アシスト、イーセクター)

  18. AWS 向け SaaS 型セキュリティサービス Alert Logic 概要と提供価格

  19. セキュリティは「費用」でなく「投資」、内閣サイバーセキュリティセンター方針(NISC)

  20. ワークスがISO27017認証を取得、国内クラウドERPベンダとして初(LRM)

アクセスランキングをもっと見る

★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★9月15日まで ノベルティや海外カンファレンスのお土産大放出キャンペーンを実施中 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事はもちろんのこと、掲載された全ての限定コンテンツに、フルアクセスが可能となります。

×