クラウド事業者向けに、顧客に展開できるWAFを提供(ペンタセキュリティ)

2016年2月25日(木) 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ペンタセキュリティシステムズ株式会社(ペンタセキュリティ)は2月24日、クラウド事業者向けのWebアプリケーションファイアウォール(WAF)である「WAPPLES Cloud」を1月27日に発売したと発表した。既存の「WAPPLES V-Series」を利用できるスタンダードエディション(Standard Edition)と、多様なクラウドおよびエンタープライズ環境に適合する拡張バージョンであるビジネスエディション(Business Edition)の2つのエディションが用意される。

特にビジネスエディションは、パブリッククラウドだけでなくプライベートクラウドを構成し、顧客向けのWAFサービスを展開できるサービスモデルやアーキテクチャを提供する。大量のトラフィック処理および運営のために、負荷分散、Auto Scaling、また顧客向けの統合管理システムなども搭載、WAFを利用してビジネスを展開しようとする事業者に対し、適切なWebセキュリティソリューションを提供するとしている。
《吉澤 亨史》

注目ニュース

icon
急増するID、パスワードへの攻撃にどう対処するか(ペンタセキュリティ)

韓国に本社を持ち、WAFとデータベース暗号化製品を提供するペンタセキュリティシステムズ株式会社(ペンタセキュリティ)。同社はWAF製品に「ブルートフォース遮断機能」を新たに追加した。

icon
WAF製品に「ブルートフォース遮断機能」を搭載(ペンタセキュリティ)

ペンタセキュリティは、同社のWAF製品において「ブルートフォース遮断機能」をサポートすると発表した。

icon
ロジック解析エンジン型とシグネチャ型WAFの比較 後編(ペンタセキュリティシステムズ)

前編に続きロジック解析エンジン型とシグネチャ型WAFの比較をおこないます。

icon
データベースにおける可用性とセキュリティのバランス(ペンタセキュリティシステムズ)

韓国に本社を持ち、Webアプリケーションセキュリティとデータベースセキュリティを提供するペンタセキュリティシステムズ株式会社。データベース暗号化製品「D'Amo」は日本で本格的に製品展開を始めて数年だが、...

icon
ロジック解析エンジン型とシグネチャ型WAFの比較 前編(ペンタセキュリティシステムズ)

2013年は多くのWebサーバが改ざんされました。当社が確認できただけで、2013年5月~6月の2か月間で、194件のサイトが改ざんされています。

RSS

特集・連載

ピックアップフォト